現在の位置

(仮称)「道の駅おけがわ」の推進について

テーマ・コンセプト

内容

   桶川市は、埼玉県のほぼ中央に位置し、国道17号線が南北を縦断し、県道川越栗橋線が東西を横断しています。

   平成27年10月31日には圏央道(首都圏中央連絡自動車道)の県内全線開通を迎え、市内の2つのインターチェンジが供用を開始しています。また、平成28年4月29日には上尾道路の1期区間が開通したことにより、交通利便性の向上はもとより、首都圏の交通の要衝としての桶川市の持つポテンシャルも更に高まってきました。

   桶川市は、こうした地の利を活かし、「休憩機能」「情報発信機能」「交流機能」に加え、「災害時防災拠点」としての機能を持った(仮称)道の駅おけがわ(以下、道の駅)の整備に取り組んでいます。このページでは、事業の経過と進捗状況等をお伝えしています。

   なお、道の駅の制度内容につきましては、国土交通省のホームページをご覧ください。

平成30年度

平成30年度の主な取組み

  • 用地取得
  • 整地設計

平成29年度

平成29年度の主な取組み

  • 民間活力導入可能性調査の実施
  • 用地調査
  • 農地関係の手続き(「道の駅」市整備範囲の農用地区域からの除外手続き)

調査等

  • 桶川市「道の駅」整備事業に係る民間活力導入可能性調査(平成29年11月)
    調査結果については、こちらをご覧ください。報告書概要版(PDF:933.1KB)

平成28年度

道の駅・飛行学校跡地整備課が新設されました(平成28年4月1日より)

平成28年度の主な取組み

道の駅おけがわアドバイザー会議

   道の駅おけがわアドバイザー会議は、国土交通省関東地方整備局が専門家を招聘し、道の駅おけがわの企画検討を支援するための会議です。

調査等

  • 「道の駅」整備事業にかかる桶川市農業センターの取扱いに関するアンケート調査
    (平成29年6月~7月)調査結果については、こちらをご覧ください。
    結果報告書(PDF:306.7KB)
  • 桶川市「道の駅」整備事業に係る対話型市場調査(平成29年2月)
    調査結果については、こちらをご覧ください。
    実施要領(PDF:274KB) 実施結果(PDF:189.9KB)

平成27年度

平成27年度の主な取組み

  • 農産物の生産と出荷に関するアンケート調査(平成28年1月~2月)
    調査結果についてはこちらをご覧ください。結果報告書(PDF:641.2KB)
  • (仮称)道の駅おけがわ地域組織等育成支援業務委託(平成28年3月)
    詳細はこちらをご確認ください。報告書(PDF:4MB)

平成26年度

道の駅推進課が新設されました(平成26年4月1日より)

平成26年度の主な取組み

平成25年度

平成24年度

平成24年度の主な取組み

平成23年度

平成23年度の主な取組み

  • 農産物直売所について、JAあだち野と基本協定を締結(平成23年8月) 

平成22年度

「川田谷農産物直売所に関する懇話会」より直売所等の要望

別紙1(PDF:2.2MB)

組織変遷
この記事に関するお問い合わせ先

道の駅・飛行学校跡地整備課 道の駅整備係
住所:桶川市泉1丁目3番28号
電話:048-786-3211(代表)
ファックス:048-786-3740
メールでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年06月30日