現在の位置

旧熊谷陸軍飛行学校桶川分教場の解体調査について

旧熊谷陸軍飛行学校桶川分教場の解体調査を行いました

旧熊谷陸軍飛行学校桶川分教場は、旧陸軍飛行学校として使用されていた建物群が現存する希少性の高い遺構であり、平成28年2月29日には、守衛棟・車庫棟・兵舎棟・便所棟・弾薬庫の5棟が、市の有形文化財(建造物)として指定されました。

市では、平成28年度、上記のうち木造建造物4棟(守衛棟・車庫棟・兵舎棟・便所棟)の解体調査研究を実施し、部材の保存を行いました。

解体調査の経過

平成29年1月以降

兵舎棟解体時の大気中石綿濃度測定結果の写真

平成28年12月

平成28年11月

車庫棟解体時の大気中石綿濃度測定結果の写真

平成28年10月

平成28年9月

兵舎棟調査の4枚の写真

平成28年8月

守衛棟・便所棟調査の4枚の写真

平成28年7月

平成28年6月

守衛棟・便所棟の解体が始まりました。

 

平成28年5月

 南側入り口に調査用のゲートを設置しました。

飛行学校の仮設ゲートの写真
この記事に関するお問い合わせ先

道の駅・飛行学校跡地整備課 飛行学校跡地整備係
住所:桶川市泉1丁目3番28号
電話:048-788-4930(直通)048-786-3211(代表)
ファックス:048-786-3740
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2017年08月04日