現在の位置

妊婦健康診査

内容

妊娠中は、普段より一層、健康に気をつけなければなりません。妊婦健康診査(以下、妊婦健診)を定期的に受診し、医師や助産師等の専門家のアドバイスを受けて、積極的に健康管理に取り組みましょう。
桶川市では、母子健康手帳の交付と同時に妊婦健診助成券を配付し、助成券に掲載された検査費用の一部を公費で負担しています。
妊婦健診は、妊娠期に14回(妊娠23週まで月1回、妊娠24週~35週まで月2回、妊娠36週以降週1回)受けることが望ましいとされています。助成券に掲載されている使用時期(目安)を参考に、妊婦健診受診時に必要事項を記入の上、医療機関の窓口へ提出し、ご使用ください。

対象

桶川市に住民登録をしている妊娠された人

※妊娠中に他市町村へ転出された場合は、桶川市の妊婦健診助成券を使用することはできません。転出先の市町村で助成券の交換をしてください。

※妊娠中に桶川市へ転入された場合は、桶川市の助成券に交換いたしますので、健康増進課にご来所ください。

契約医療機関

妊婦健診助成券が使用できるのは、桶川市が契約している医療機関です。埼玉県の他、東京都・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・神奈川県の契約している医療機関で、使用することができます。
里帰り出産等で契約医療機関がご不明な場合は、健康増進課までお問い合わせください。

妊婦健診助成券が使用できない場合

里帰り出産等の理由で、国内の契約外の医療機関等(妊婦健康診査助成券が使用出来ない医療機関)で、妊婦健診を自費で受けられた方の費用の一部を助成(償還払い)します。

助成の対象

以下のいずれにも該当する方

  1. 妊婦健診受診日、助成制度申請時に桶川市に住所がある方。
  2. 妊娠届出時(母子健康手帳交付日)以降に、自費で妊婦健診を受診している方。
  3. 保険適応外の妊婦健診。

助成の内容

妊婦健診(保険診療による受診は除く)の受診費用。

※未使用の妊婦健康診査助成券の金額が上限となります。

申請期間

対象の妊婦健診受診日から1年以内。

※市外に引っ越す予定のある方は、早めに申請をしてください。

申請窓口

健康増進課(保健センター内)

申請時に持参するもの

  1. 母子健康手帳(妊婦健診の受診を確認できるもの)
  2. 印鑑(シャチハタ不可)
  3. 領収書(保険適用外のもの)
  4. 未使用の妊婦健康診査助成券

関連情報

この記事に関するお問い合わせ先

健康増進課
住所:桶川市鴨川1丁目4番1号
電話:048-786-1855
ファックス:048-786-0096

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年04月01日