現在の位置

児童手当について

制度概要

1.目的

家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的とし、児童を養育している方に手当を支給する制度です。

2.支給対象者

中学校修了前(15歳に到達する日以後最初の3月31日まで)の児童を養育している親などで、桶川市に住所(住民登録)がある方

3.手当の額

支給月額(児童1人あたり)

年齢区分 所得制限限度額未満の人 所得制限限度額以上の人
0~3歳未満 15,000円 5,000円
3歳~小学生
第1子、第2子
10,000円 5,000円
3歳~小学生
第3子以降
15,000円 5,000円
中学生 10,000円 5,000円
所得制限限度額の一覧
扶養親族等の数 所得額
0人 622.0万円
1人 660.0万円
2人 698.0万円
3人 736.0万円
4人 774.0万円

※所得は、生計中心者(夫婦の場合収入の多い方)の所得のみで判定をします。世帯合算ではありません。

4.支払時期

児童手当は、10月(6月分 ~ 9月分)、2月(10月分 ~ 1月分)、6月(2月分 ~ 5月分)に支給します。

5.手続き

以下の場合は、市役所子ども未来課窓口で手続きをしてください。

  1. 児童が生まれたとき
  2. 市外から転入したとき
  3. 市外へ転出するとき
  4. 振込先金融機関を変更したいとき
  5. 生計中心者が公務員になったとき
  6. 生計中心者が児童と別居したとき
  7. その他、児童の養育状況等に変更があったとき

※児童手当は手続きをした月の翌月から生計中心者に支給されます。

    里帰り出産等で市外に出生届を提出される方は、手続きが遅れないようご注意ください。

※12については、児童が生まれた日または前住所地からの転出予定日の翌日から15日以内に手続きをしてください。15日を過ぎると支給開始が遅れる場合がありますので、添付書類がそろわないなどのご事情がある場合は子ども未来課へご相談ください。

※対象となる児童は桶川市に住所があっても、養育している親などが桶川市以外に住所がある場合は、養育している親などの市区町村で手続きが必要となります。

※公務員は勤務先から支給されます。手続きについては勤務先でご確認ください。

6.手続きに必要なもの

内容

期間

必要なもの

市外から転入した

または児童が生まれた(1人目)

事由が発生した日の翌日から15日以内

・生計中心者および配偶者の個人番号を確認できる書類(※1)

・生計中心者の身元を確認できる書類(※2)

・生計中心者名義の通帳又はキャッシュカード

※ゆうちょ銀行の方は必ず通帳をお持ちください。

・印鑑(スタンプ印を除く)

児童が生まれた

(2人目以降)

印鑑(スタンプ印を除く)

口座を変更したい

随時

変更する口座の通帳又はキャッシュカード

(生計中心者名義のものに限ります)

※ゆうちょ銀行の方は必ず通帳をお持ちください。

市外へ転出した

すみやかに

印鑑(スタンプ印を除く)

公務員になった

・印鑑(スタンプ印を除く)

・勤務先からの辞令書

・来庁される方の身元を確認できる書類(※2参照)もご持参ください。

・生計中心者が外国籍の場合、在留カードが必要です。

・児童と別居の場合は、子ども未来課へお問い合わせください。

 

※1 個人番号を確認できる書類

・個人番号カード又は個人番号通知カード

・個人番号が記載された住民票

※2 身元を確認できる書類の例(顔写真つきは1つ、顔写真なしは2つ必要です)

顔写真つき

・個人番号カード ・運転免許証 ・パスポート ・在留カード

・身体障害者手帳 ・精神障害者保健福祉手帳 ・療育手帳 など

顔写真なし

・個人番号通知カード ・健康保険証 ・年金手帳 ・医療費受給者証 ・児童扶養手当証書 ・特別児童扶養手当証書 など

情報連携が開始され、以下の書類は省略可能になりました

マイナンバー制度で他市区町村との情報連携が開始されたことに伴い、以下の書類の提出を省略できるようになりました。

1.所得証明書(課税・非課税証明書)

 ただし、平成29年11月13日以降に桶川市へ転入し、1月1日時点の住所が特定できない方は、所得証明書を提出していただく場合があります。

2.健康保険証の写し及び年金加入証明書(令和2年6月1日以降の手続きより)

 

※桶川市が他市町村とやりとりした個人情報の内容は、マイナポータル(政府が運営しているマイナンバーを利用したオンラインサービス)から確認できます。

7.現況届

手当を受けている方は、毎年6月に現況届の提出が必要となります。この届は、生計中心者の所得や児童の養育状況など、手当を引き続き受ける要件があるかどうかを確認するためのものです。受給中の方には6月初旬に現況届の用紙及び返信用の封筒を郵送しますので、必ず6月中に郵送により提出してください。

※未提出の場合は、10月期以降の手当を受けられなくなります。

8.寄附について

手当の全部または一部の支給を受けずに、これをお住まいの市区町村に寄附して、次代の社会を担う児童の健やかな成長を支援する事業のために生かしてほしいという方には、制度上で寄附を行うことができるとされています。ご関心のある方は、子ども未来課までお問い合わせください。

電子申請

国のマイナンバーカードを利用したマイナポータル※を使って、桶川市では次の手続きの電子申請をすることができるようになりました。
※政府が運営しているマイナンバーを利用したオンラインサービスです

1.電子申請が可能な手続き

(1) 児童手当・特例給付認定請求書

・出生、転入等により、新たに受給資格を得た人

※事由発生日の翌日から15日以内に届け出てください。

※世帯状況等により、その他必要書類の提出を依頼する場合もあります。

(2) 児童手当・特例給付額改定認定請求書額改定届

・第2子以降の出生等により、新たに支給要件となる児童を監護することになった人(増額)

・支給対象児童のうち、離婚等により何人か監護しなくなった人(減額)

※世帯状況等により、その他必要書類の提出を依頼する場合もあります。

(3) 児童手当・特例給付受給事由消滅届

・児童手当等の受給資格がなくなった人

※事由により、その他必要書類の提出を依頼する場合もあります。

(4) 児童手当・特例給付現況届

・児童手当等の受給者で、受給資格の更新を希望する人

※毎年5月下旬に現況届の対象者に必要書類等を送付します。

※世帯状況等により、その他必要書類の提出を依頼する場合もあります。

(5) 児童手当に係る保育料、学校給食費等支払申出書

・学校給食費等の児童手当等からの徴収を希望する人

(6)児童手当に係る保育料、学校給食費等支払(変更・撤回)申出書

・「(5)児童手当係る保育料、学校給食費等支払申出書」を提出した人の中で、申出内容の変更又は撤回がある人

(7) 未支払児童手当・特例給付請求書

・児童手当等の受給者が亡くなった人(配偶者 等)

※受給者変更が必要となりますので、 事由発生日の翌日から15日以内に届け出てください。

(8) 児童手当・特例給付氏名・住所等変更届

・受給者の氏名又は住所が変更になった人

・児童の氏名又は住所が変更になった人

※世帯状況等により、その他必要書類の提出を依頼する場合もあります。

(9) 児童手当・特例給付に係る寄附の申出書

・児童手当等の申請者又は受給者で、児童手当等の寄附を希望する人

(10)児童手当・特例給付寄附変更・撤回申出書

・「(9)児童手当・特例給付に係る寄附の申出書」を提出した人の中で、申出内容の変更又は撤回がある人

2.電子申請に必要なもの

(1)電子メールアドレス

(2)インターネットに接続されたパソコン又はスマートフォン

※一部対応していない場合がございます。

(3)電子署名が必要になる手続きは、公的個人認証サービスによる電子証明書とICカードリーダライタ

※個人番号通知カードでは手続きできません。

3.電子申請・届出サービス

4.サービスを利用するときの注意・確認事項

この記事に関するお問い合わせ先

子ども未来課 手当・医療係
住所:桶川市泉1丁目3番28号
電話:048-788-4945(直通)048-786-3211(代表)
ファックス:048-786-5882
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2018年01月30日