現在の位置

交通死亡事故が多発しています

状況

 桶川市では、令和3年7月から8月までのうちに交通死亡事故が2件発生しております。
事故防止のためには、一人ひとりが「自分の身は自分で守る」ことを心がけることが大切です。

事故の概要

事故に遭わないために

・見通しの悪い交差点では必ず一旦止まって安全確認をしましょう。
・信号や横断歩道のあるところを渡りましょう。
・車を運転する際は、早めにライトを点灯し、ハイビームを効果的に使用しましょう。
・制限速度を守り、安全運転を心がけましょう。
・自転車安全利用五則を守りましょう。

自転車安全利用五則

1 自転車は、車道が原則、歩道は例外
2 車道は左側を通行
3 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
4 子どもはヘルメットを着用
5 安全ルールを守る

きらめき3H(トリプルエイチ)運動

埼玉県では、高齢者の交通事故を防止するため、高齢歩行者等の安全確保を目的とした「きらめき3H運動」を推進しています。

この運動では、
・早めのライト点灯
・反射材の着用
・歩行者保護

を重点に、交通事故防止を呼びかけています。

この記事に関するお問い合わせ先

安心安全課 交通・防犯係
住所:桶川市泉1丁目3番28号
電話:048-788-4927(直通)048-786-3211(代表)
ファックス:048-786-3740
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2021年09月02日