現在の位置

道路交通法の一部改正について(お知らせ)

道路交通法が一部改正されました(平成25年12月1日施行)

道路交通をめぐる情勢に対応して、道路交通法の一部改正が行われました。 その中で、自転車利用者対策として改正された点をお知らせします。

自転車を含む軽車両の路側帯通行に関する規定の整備 (道路右側の路側帯通行の禁止)

自転車等の軽車両が通行できる路側帯は、道路の左側部分に設けられた路側帯に限ることとされました。

なお、路側帯の右側を通行した場合は、通行区分違反として、3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金が科せられます。

路側帯走行図

自転車の制動装置に係る検査及び応急措置命令等に関する規定の整備 (ブレーキ不良自転車に対する指導強化)

警察官は、内閣府令で定める基準に適合するブレーキを備えてないため交通の危険を生じさせる恐れがあると認められる自転車が通行しているときは、停止させてブレーキを検査できるようになりました。

さらに、危険を防止するために必要な応急措置を命じ、必要な整備ができない場合は、その自転車を運転しないように命ずることができるようになりました。

なお、これらの命令に違反した者に対しての罰則も整備され、検査拒否等、応急措置命令等違反は、5万円以下の罰金が科せられます。

ルールを守って安全運転

埼玉県では、平成24年4月1日に「自転車の安全な利用の促進に関する条例」を施行しました。 条例では「自転車利用者の責務」として次のことを定めています。

  • 自転車は車両です。 車両運転者としての責任を自覚し、交通ルールを守りましょう。
  • 自転車損害保険等に加入しましょう。(個人賠償責任保険・TSマーク付帯保険など)
  • 自転車は定期的に点検・整備。
  • 反射材をつけましょう。
  • 自転車を購入したときは必ず防犯登録。
  • 施錠やひったくり防止カバーで防犯対策。

自転車の安全な利用について関心と理解を深めるため、毎月10日を「自転車安全利用の日」と定めています。

この記事に関するお問い合わせ先

安心安全課
住所:桶川市泉1丁目3番28号
電話:048-786-3211(代表)
ファックス:048-786-3740
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2016年09月01日