現在の位置

令和2年(2020年)国勢調査を実施します

令和2年国勢調査の広報キャラクター画像です。クリックすると、総務省の国勢調査の総合サイトへ接続されます。

国勢調査2020キャンペーンサイトへ

国勢調査とは

国勢調査は、統計法に基づいて、日本の国内に住むすべての人・世帯を対象として、5年ごとに実施する国の最も重要な統計調査です。

令和2年国勢調査は、大正9年(1926年)の第1回調査開始から、100年目を迎えます。

日本の今を知り、よりよい未来をつくるために、国勢調査の回答に、ご協力をお願いします。

調査基準日

令和2年10月1日(木曜日)

調査対象

日本に住んでいるすべての人(外国人含む)が調査の対象です。

住民票などの届出に関係なく、ふだん住んでいる場所で、世帯ごとに調査します。

調査内容

世帯と世帯員に関する設問は、全16問です。

1.世帯のことについて

世帯の種類、世帯員の数など

2.世帯員のことについて

氏名、男女の別、出生の年月、配偶者の有無、教育(在学、卒業等の状況)、就業状態、従業地または通学地など

調査方法および回答方法

1.9月中旬より、総務大臣が任命した調査員が、調査対象となるすべての世帯へ訪問します。

2.訪問した際に、世帯の人数などを確認し、調査票などが入った封筒を配布します。

3.調査世帯は、封筒に入った書類で次のいずれかの方法で、令和2年10月7日(水曜日)までに回答します。

・インターネットで回答する。(スマートフォンやパソコン)

「インターネット利用ガイド」のログインID(8桁)とアクセスキー(4桁)でログインし、回答項目を入力し、送信する。

・紙の調査票を郵送提出用封筒に入れて、郵送する。

・紙の調査票を調査員が回収する。

(注意)紙の調査票は、黒の鉛筆で記入してください。調査票は、1枚につき4名様まで記入することができます。調査票が足りないときは、ご連絡ください。

新型コロナウイルスの感染症予防対策はこちら

回答方法を図に表しています。

紙の調査票は、次の調査票に変更できます

次の調査票の変更を希望する方は、調査員または市役所までご連絡ください。

拡大文字調査票

通常の調査票は、A4サイズの表と裏で印刷されています。文字が小さくて、読みづらい方に拡大した調査票をご用意しています。

1枚につき、2名様まで記入することができます。

点字調査票

点字調査票については、質問用紙と回答用紙をご用意しています。なお、調査員による代理記入やインターネットによる回答もできます。

外国人の方へ 日本語以外の回答方法があります

日本語を理解できない場合は、2つの方法で回答することができます。

1.インターネットで回答する。

対応言語は、英語、中国語(簡体字、繁体字)、韓国語、ベトナム語、スペイン語、ポルトガル語です。

2.インターネットで回答できない場合、調査員が「外国語連絡票」で、理解できる言語を確認し、「調査票対訳集」を配布し、紙の調査票で回答する。

対訳集は、次の言語に対応しています。

英語、中国語(簡体字、繁体字)、韓国語、ベトナム語、スペイン語、ポルトガル語、スペイン 語、フィリピン語、タイ語、ネパール語、フランス語、ヘンガル語、マレー語、ヒンディー語、ミャンマー語、ロシア語、ドイツ語、モンゴル語、アラビア語、インドネシア語、イタリア語、トルコ語、クメール語、ラオ語、ペルシャ語、ルーマニア語、ウルドゥ語

個人情報の保護

調査関係者が調査票を統計作成以外に使用することは、統計法で固く禁じられています。

また、インターネット回答における通信は、すべて暗号化(SSL/TRS方式)されているとともに、調査票は外部の人の目に触れないよう厳重に管理されます。

詐欺(さぎ)や不審な調査にご注意ください

・国勢調査をよそおった不審な訪問者や電話・電子メール・ウェブサイトなどにご注意ください。

・国勢調査では、金銭を要求することはありません。

・調査員は、顔写真付き「国勢調査調査員証」、「腕章」を携帯して調査にあたります。

調査結果の公表

調査の結果は、集計ごとに順次公表されます。公表時期については、決まり次第お知らせします。

関連情報

この記事に関するお問い合わせ先

企画調整課 統計係
住所:桶川市泉1丁目3番28号
電話:048-788-4902(直通)048-786-3211(代表)
ファックス:048-787-5409
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年08月01日