現在の位置

集団がん検診

更新日:2022年05月31日

集団がん検診の流れ

1、事前申込をする(6月1日~6月24日)

申込書は、6月号広報と同時配布。下部からもダウンロードできます

2、受診券が自宅に届く(8月9日~8月16日)

受診日の都合が悪い場合、電話で日程変更もできます

3、受診券を持って検診日に受診する

(子宮・乳 9月~)(肺・胃・大腸 10月・11月・12月)

4、検診結果が自宅に届く(検診日から約1か月半後)

結果が「要精密検査」の場合、医療機関を予約し、精密検査を受診

検診日

対象年齢は、令和5年3月31日時点での年齢を基準とします

検診名 内容 費用 日程・会場

受付時間

子宮

20歳
以上
女性

視診・内診

頸部細胞診

800

 

 

【9月】
 
1日(木曜日)保健センター
2日(金曜日)保健センター
5日(月曜日)保健センター
7日(水曜日)坂田コミュニティセンター
8日(木曜日)坂田コミュニティセンター
17日(土曜日)保健センター
20日(火曜日)保健センター ※
29日(木曜日)保健センター ※
30日(金曜日)保健センター ※
【10月】
10月7日(金曜日)保健センター ※
10月8日(土曜日)保健センター 

 

 

午前の部

9時から
11時20分

 

午後の部

1時30分
から
3時

40歳
以上
女性

マンモグラフィ 800

40歳
以上

レントゲン撮影

 

 

喀痰検査
(問診の結果
該当者のみ)

300

 

 

プラス
500

【10月】
  11日(火曜日)保健センター
22日(土曜日)保健センター
25日(火曜日)保健センター
28日(金曜日)保健センター
31日(月曜日)保健センター
【11月】
10日(木曜日)坂田コミュニティセンター
19日(土曜日)保健センター
21日(月曜日)保健センター
22日(火曜日)保健センター
25日(金曜日)保健センター
29日(火曜日)保健センター
【12月】
  1日(木曜日)保健センター
  2日(金曜日)保健センター
5日(月曜日)保健センター
7日(水曜日)坂田コミュニティセンター
8日(木曜日)坂田コミュニティセンター
13日(火曜日)保健センター

 

午前のみ

8時30分
から
11時30分

 

40歳
以上

レントゲン撮影

(バリウム検査)

800

大腸

40歳
以上

便潜血検査

(2日法)

300
⇒坂田コミュニティセンター:桶川市坂田東2-3-1フレスポ桶川
※印の日程は
  1. 託児があります(午前のみ)
  2. 30代健診も同時に実施(別途申込が必要広報8月号を確認ください
検診会場の地図
  1. 保健センター※駐車場約20台
  2. 坂田コミュニティセンター(図書館・スーパー等の複合施設)※駐車場約180台

受診できない場合

事例 子宮 大腸
受診日に、桶川市民でない
(転出先の市町村にて受診してください)
× × × × ×
自覚症状や、心配な症状がある
(医療機関を受診してください)
× × × × ×
「がん」を治療中・経過観察中
(通院が終了し、主治医から「今後は市の検診を受診するように」言われた場合は可
× × × × ×
昨年度に、子宮がん検診又は乳がん検診を受診した × × ←女性がん検診は2年に1回
医療機関で※個別検診を受診した、又は受診予定 × × × × ×
自力で立っていられない。介助がないと動けない。(認知症で)理解困難 × × × ×  
妊娠中である。
または、妊娠の可能性がある
× × × ×  
生理中である。
または、生理後2日以内である
×       ×
授乳中である。
または、断乳後6か月未満である
  ×      
豊胸手術を受けたことがある   ×      
CVポート、水頭症V‐Pシャントが前胸部に入っている   ×      
心臓ペースメーカーを装着している   ×      
1年以内に乳房手術や生検を受けた。又は、上半身の傷・骨折が未完治   ×   ×  
腸閉塞(腸捻転)の既往がある       ×  
消化管に裂孔(穴)や急性出血がある       ×
胃や腸の疾患を治療中。又は、手術で胃や腸の形が変形している       ×  
胃・大腸ポリープを除去する予定である。除去から2か月間経過していない       ×
1年以内に、開腹手術(帝王切開含む)、呼吸器疾患の手術、心疾患の手術、頭部の手術、整形外科手術、椎帯・靭帯の手術・内視鏡の手術をした

子宮
全摘出
×

開胸手術
×
呼吸器
手術
×
×  
1年以内に、虚血性心疾患(心筋梗塞・狭心症)、脳血管疾患(脳梗塞・脳出血)を発症・治療した   心疾患
  ×  
体重が、130キログラム以上である       ×  
血圧が、180/110以上である       ×  
透析を受けている       ×  
医師から水分制限の指示がある       ×  
バリウム・発泡剤・下剤によるアレルギー症状が出たことがある       ×  

※個別検診
●特定健診と同時に実施するがん検診・胸部レントゲン検査
●医療機関で実施する個別乳がん検診(40歳のみ)・個別子宮がん検診

(注意1)
ご自身の既往歴で検診を受けてよいか、必ず主治医へ相談し、許可をもらったうえでお申込ください。

(注意2)
問診結果や検診医の判断により当日、受診できない場合があります。

申込書ダウンロード

がん検診について

子宮がん検診

頸部細胞診

子宮頚部を、専用のブラシで軽く擦り、細胞を採取し、がん細胞などの異常がないか検査します(検診は女医とは限りません

●30~40歳代で罹患する人が増えています
●不正出血がある、閉経したのに出血する、生理が不規則などの症状がある場合は、医療機関を受診しましょう
●急速に進行するがんもあります。2年に1回、受診しましょう

乳がん検診

マンモグラフィ

乳房をプラスチックの板で挟み、エックス線で撮影します。

●死亡原因の上位に位置するがんです
●しこり、乳房のひきつれ、乳頭からの血性の液が出る、乳頭の湿疹、ただれなどの症状がある場合は、医療機関を受診しましょう
自分で見つけることのできる唯一のがんです。自己触診の仕方を覚え、月に一度チェックしましょう
自己触診の仕方はこちらからどうぞ

 

肺がん

胸部レントゲン

エックス線透視検査

●死亡原因の上位に位置するがんです
●血痰、長引く咳、胸痛、声のかれ、息切れなどの症状がある場合は、医療機関を受診しましょう
●急速に進行するがんもあります。毎年、受診しましょう
●予防には禁煙・防煙が重要です。禁煙し、自分自身と周りの人の健康を守りましょう

胃がん

レントゲン撮影(バリウム検査)

バリウムを飲み、胃の粘膜にバリウムが付着するよう撮影台の上で体を回転させた後、いろいろな体の向きでレントゲン撮影します。

●50歳以上で罹患する人が多く、死亡原因の上位に位置するがんです
●胃の痛み、不快感、食欲不振、食事がつかえるなどの症状がある場合は、医療機関を受診しましょう
●急速に進行するがんもあります。毎年、受診しましょう

 

 

大腸がん

便鮮血検査

便の中に血液が含まれていないか判断するものです。2日間の便を採取します。痔の出血でも陽性反応が出ます。

●わが国では罹患する人が増えており、死亡原因の上位に位置するがんです
●血便、腹痛、便の状態や回数が変化したなどの症状がある場合は、医療機関を受診しましょう
●急速に進行するがんもあります。毎年、受診しましょう

イラスト資材の提供:NPO法人ブレイブサークル運営委員会

この記事に関するお問い合わせ先

健康増進課 保健係
住所:桶川市鴨川1丁目4番1号
電話:048-786-1855
ファックス:048-786-0096
メールでのお問い合わせはこちら