現在の位置

”克”動報告(令和3年6月)

去る4月18日(日曜日)、桶川市茶道協会による「春の茶会」がべに花ふるさと館で開催されました。

茶道協会では、例年4月に「春の茶会」を、9月には「月見の茶会」を開催しています。また、桶川文化フェスティバル(7月)、市民まつり(11月)などのイベントや、公民館のサークル発表会や中学校の文化祭等々、色々な機会を捉えて茶道の体験ができる席を設け、年間を通して茶道の普及や会員同士の親睦を深める活動を行っています。

コロナ禍の中での開催となった今回の「春の茶会」は、手指消毒をはじめ、密にならないよう席数を減らし、十分な換気を行い、お菓子とお茶を口に含む時以外はマスクを着用するなど、
徹底した感染防止対策を講じる中での開催となりました。また、席は、通常の畳の席と椅子に座ってお茶をいただく立礼式の2席用意されました。

「春の茶会」や「月見の茶会」には、私も毎年お招きいただきますが、茶室に入った瞬間、和の文化が融合した独特の空間が創出された非日常の世界に、毎回心癒されております。また、掛物や花や香炉、茶入れ、茶碗、窯などの茶器の鑑賞の仕方やお茶のいただき方など、その作法や心得の奥深さに、感銘を受けます。

こうした、素晴らしい日本の伝統とおもてなしの文化に、多くの人達が触れる機会を引き続き提供していただきたいと強く感じた一日でした。

べに花ふるさと館の和室で市長が「春のお茶会」に参加している様子
お茶会で市長がお茶をいただいている様子
椅子に座ってお茶をいただく「立礼式」というかたちでのお茶会の様子
この記事に関するお問い合わせ先

秘書広報課 広報・広聴係
住所:桶川市泉1丁目3番28号
電話:048-788-4901(直通)048-786-3211(代表)
ファックス:048-786-0336
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2021年05月27日