現在の位置

旧熊谷陸軍飛行学校桶川分教場建物保存活用計画について

保存活用計画とは

保存活用計画とは、文化財の保存と活用を図るにあたり、それをどのように両立していくかを示し、公開を含め、活用方法や維持管理についてのルールを定めるための計画です。

市では、平成29年8月に「市指定文化財旧熊谷陸軍飛行学校桶川分教場建物保存活用計画」を策定しました。

活用検討委員会

計画の作成にあたり、桶川分教場の活用に関する事項について、学識経験者、関連団体等の方々からの幅広い意見を聴取することを目的として、旧熊谷陸軍飛行学校桶川分教場活用検討委員会を開催しました。

開催状況

第1回活用検討委員会(平成28年11月1日開催)

第2回活用検討委員会(平成28年12月2日開催)

第3回活用検討委員会(平成28年12月27日開催)

第4回活用検討委員会(平成29年1月27日開催)

第5回活用検討委員会(平成29年3月21日開催)

第6回活用検討委員会(平成29年4月25日開催)

第7回活用検討委員会(平成29年7月25日開催)

パブリック・コメント手続

計画の策定にあたり、市民の方々などから計画の素案に対する意見を募集するパブリック・コメント手続を実施しました。

この記事に関するお問い合わせ先

道の駅・飛行学校跡地整備課 飛行学校跡地整備係
住所:桶川市泉1丁目3番28号
電話:048-788-4930(直通)048-786-3211(代表)
ファックス:048-786-3740
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2017年08月04日