現在の位置

7月は「社会を明るくする運動」強調月間です~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~

第68回社明広報

第68回“社会を明るくする運動”広報用ポスター

社会を明るくする運動とは?

“社会を明るくする運動”は、すべての国民が、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪のない地域社会を築こうとする全国的な運動で、2018年(平成30年)で68回目を迎えます。

立ち直ろうとする人を受け入れ、支える方法は様々です。犯罪や非行から立ち直ろうとする人に、あなたなら何ができるかを考え、できることから一緒に始めてみませんか?

桶川市における活動

男女共同参画コーナー アソシエでの啓発

7月1日から7月31日までの1か月間 男女共同参画コーナーアソシエ(市役所2階)にて“社会を明るくする運動”の啓発を行います。

「社会を明るくする運動」「青少年非行防止」合同街頭キャンペーン

日 程:平成30年7月4日(水曜日) 18時から

場 所:桶川駅西口、桶川駅東口、桶川駅自由通路

主 催:鴻巣地区保護司会桶川支部、桶川地区更生保護女性会、桶川市青少年健全育成市民会議

 

立ち直りを支える“更生保護”

社会の中で必要な支援を受けられず、再び犯罪や非行を重ねてしまう人たちがいます。
犯罪や非行からの立ち直りには、彼らを見守り支える地域社会のあたたかい心が必要です。
様々な立場から立ち直り支援に協力する「更生保護ボランティア」が活動しています。

保護司

犯罪や非行により「保護観察」を受けることになった人の生活を見守り、様々な相談にのったり、指導をしています。犯罪を予防するための地域活動などにも取り組んでいます。

更生保護女性会

女性の立場から、地域における犯罪予防の活動や子どもたちの健全育成のための子育て支援活動などを行うボランティア団体です。

協力雇用主

犯罪・非行歴のため仕事に就くことが難しい人たちを、その事情を理解した上で雇用し、立ち直りを支援する事業者です。

関連情報

更新日:2018年07月01日