現在の位置

サービス付き高齢者向け住宅に係る固定資産税の減額について

更新日:2016年09月01日

内容

令和5年3月31日までの間に一定の要件を満たすサービス付き高齢者向け住宅を新築した場合、固定資産税の減額を受けることができます。

対象となる時期

令和5年3月31日までの取得が軽減の対象となります。

軽減の内容

当該家屋の固定資産税額の3分の2が、5年間軽減されます。

軽減の要件

次の1~5のすべてを満たしていること

  1. 貸家であること
  2. 1戸あたり(共用部分を含む)30平方メートル以上210平方メートル未満であること
  3. 主体構造部が(準)耐火構造であること、または総務省令で定める建築物であること
  4. 国または地方公共団体から建築費補助を受けていること
  5. 戸数が10戸以上であること

申告に必要なもの

新築した翌年の1月31日までに必要な書類を添付して申告してください。

  1. サービス付き高齢者向け住宅に係る固定資産税減額措置の適用申告書
  2. サービス付き高齢者向け住宅の登録申請書類(写し)
  3. サービス付き高齢者向け住宅の登録通知(写し)
  4. 各階の平面図
  5. 住宅の構造が分かる書類 (例:建築確認通知書および確認申請書副本第4面(写し))
  6. 補助金交付決定通知書(写し)

ダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先

税務課 資産税係
住所:桶川市泉1丁目3番28号
電話:048-788-4916(直通)048-786-3211(代表)
ファックス:048-787-5408
メールでのお問い合わせはこちら