現在の位置

住民基本台帳カード

マイナンバー制度の開始に伴い、平成27年12月22日をもって住民基本台帳カードの交付が終了しました。すでに交付された住基カードは平成28年1月以降も有効期間満了までご利用できます。

 

住基カードの有効期間

申請の日から10年間です。他市町村へ住所を移した場合でも、引き続き住基カードを利用することができます。住基カードをお持ちの方は、転出・転入などの異動届の際は、必ずご持参ください。

 

住基カードを利用した転出・転入・継続利用ができる期間

転出届

  • お引越し予定日の2週間程前から
  • 新しい住所に実際に住み始めた日から14日以内

転入届

以下のうちどちらか早い日が期限になります・

  • お引越し予定日から30日以内
  • 新しい住所に実際に住み始めた日から14日以内

但し、30日目、14日目が閉庁日の場合には、翌開庁日までとなります。
期限を過ぎると転入届ができなくなることがございますのでご注意ください。
詳しくは新住所地の役場へお問い合わせください。

継続処理

  • 転入届を行った日から90日以内

但し、90日目が閉庁日の場合には、翌開庁日までとなります。
期限を過ぎると住基カードは使用できなくなります。

住基カードに搭載された電子証明書

平成27年12月22日の住基カードの交付終了に伴い、住基カードに搭載可能な電子証明書の発行・更新も終了しました。現在有効な電子証明書は、引き続き有効期間が満了するまで使用できますが、満了になりますと電子証明書が失効となり、税の電子申告(e-Tax)などで使用できなくなります。

なお、有効期間満了後e-Taxなどで電子証明書を使用する場合は個人番号カード(マイナンバーカード)を作成する必要があります。

個人番号カードの申請等

 

 

電子証明書の失効 (新たに発行・更新はできません)

次のような場合、住基カードに搭載された電子証明書が失効しています。

1.カード内の電子証明書が発行日から3年以上経過しているとき

住基カードに搭載された電子証明書の有効期間は発行日から3年間です。

※住基カードの表面に記載されている有効期限とは異なりますのでご注意ください。

2.住所・氏名等に変更があったとき

住所・氏名・生年月日・性別に変更があったとき、有効期間内でも失効します。

電子証明書の有効性の確認方法

1.窓口で確認する方法

ご本人が住基カードを持参し、市民課までお越しください。

2.パソコンで確認する方法

パソコンを使って、利用者用クライアントソフトの「自分の証明をみる」で確認ができます。

確認する場合は次のものをご用意ください。

・住基カード

・インターネットに接続したパソコン・ICカードリーダー

※詳しくは、公的個人認証サービスポータルサイト(地方公共団体情報システム機構ホームページ)の「利用者クライアントソフトのダウンロード」をご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

市民課 窓口係
住所:桶川市泉1丁目3番28号
電話:048-788-4922(直通)048-786-3211(代表)
ファックス:048-789-1100
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2016年09月01日