現在の位置

テレビ電波受信の障害について

内容

テレビ電波受信障害とは

テレビの電波の伝わり方は、光とよく似た性質を持っており、建築物があると、その後方では電波がさえぎられ、電波の強さが低下することにより「遮へい障害」が生じます。また、建築物の前方では、直接波のほかに建築物の壁面で反射された電波も受信される「反射障害」が生じます。

受信障害の対策

桶川市では、テレビ電波受信障害による、建築主と住民の皆様との間に生じる紛争を未然に防止し、生活環境を保全することを目的として、「桶川市指定建造物等によるテレビ電波障害に関する指導要綱」を定めています。
高さが10メートルを超える建築物および電波障害の原因となる鉄塔・看板・高架道路等の各種工作物(指定建造物等といいます)の建築主は、この要綱に基づいて、事前調査を行い、また、電波障害の発生が予測される場合には、市長および関係住民に対しその防止対策について十分に説明を行い、協議する必要があります。

電波障害防止対策義務の対象

高さが10メートルを超える建築物及び電波障害の原因となる鉄塔・看板・高架道路等の各種工作物(指定建造物等)の建築主

ダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先

環境課
住所:桶川市泉1丁目3番28号
電話:048-786-3211(代表)
ファックス:048-786-3740
メールでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2016年09月01日