現在の位置

福祉3医療費の窓口払いが一部廃止となりました

 平成26年4月診療分から、福祉3医療費(こども医療費・ひとり親家庭等医療費・重度心身障害者医療費)の受給者が医療機関などを受診する際、一定の条件に該当する場合は、窓口での医療費(保険診療の自己負担分)の支払いを廃止しました。

窓口払いなしの場合(現物給付)

 次のすべての条件に該当している診療は窓口払い廃止の対象となります。

(1)受診時に、医療機関の窓口で健康保険証と各医療費受給資格証を提示
(2)桶川市内の医療機関を受診(一部対象外の医療機関があります。)
               対象となる桶川市内の医療機関は、こども支援課にお問い合わせください。
(3)一医療機関でのひと月の累計自己負担金額(保険適用分)が21,000円未満
               コルセットなどの治療用装具や、人工透析の調剤分については、上記の条件
               に該当していても窓口払い廃止の対象外となります。

現物給付のフロー図

その他の場合(償還払い)

 上記の条件に該当しない場合は、従来通りに医療機関などの窓口でいったん医療費を支払い、桶川市に申請書を提出することにより、申請月の翌月末に、医療費を口座に振り込みます。  

償還払いのフロー図

注意

  • 保険対象外費用は、支給の対象とはなりません。
    (例:健康診断、予防接種、文書料、薬の容器代、入院時の差額ベッド代・食事代など)
  • 学校などの管理下における負傷や疾病に対し、日本スポーツ振興センターの「災害共済給付制度」の対象になる場合は、支給の対象とはなりません。
  • 交通事故など第三者行為に該当する場合は、支給の対象となりません。
この記事に関するお問い合わせ先

子ども未来課 手当・医療係
住所:桶川市泉1丁目3番28号
電話:048-788-4945(直通)048-786-3211(代表)
ファックス:048-786-5882
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2016年09月01日