現在の位置

早期不妊検査費と不妊治療費の助成を始めました

早期不妊検査費の助成について

  不妊の原因は男性にも女性にもあります。市では不妊検査費の助成をすることで、気軽に不妊検査を受けていただければと助成を開始しました。検査を受けたご夫婦に2万円まで助成します。

対象者

次の全てに該当しているご夫婦

1.  不妊検査開始時に法律上の婚姻関係があり、不妊検査期間から助成申請時まで双方又は一方が桶川市に住民登録 をしていること

2.  不妊検査開始時の妻の年齢が43歳未満であり、ご夫婦で不妊検査を受けていること

3.  同一の不妊検査に対し、他市町村で同様の助成を受けていないこと

対象となる検査

次の全てに該当する検査

1.  指定医療機関(※1)の医師が、不妊症診断のために行う一連の検査

指定医療機関と連携する泌尿器科の医師が実施した検査も含みます。

2.  ご夫婦が受けた不妊検査で、検査期間が6か月以内であること

3.  平成29年4月1日以降に終了した検査で、特定不妊治療の一環の検査ではない。

※1指定医療機関:知事等が指定した特定不妊治療(体外受精・顕微授精)を実施する医療機関

県内の指定医療機関は、

*指定医療機関は随時、追加、変更する場合がありますので、ご注意ください。

全国の指定医療機関は、厚生労働省ホームページ

(新しいウィンドウで開きます)

助成内容

検査費用の自己負担額(千円未満切り捨て)に対し「2万円」を上限とし、夫婦一組に1回助成します。

医療保険適用、適用外どちらの不妊検査も対象となり、6か月以内に受けた検査の自己負担額の総額に対し、上限2万円となります。

申請方法等

次のものを持参し、健康増進課(保健センター内)にご来所ください。

1.  桶川市早期不妊検査費助成金交付申請書 書式は

2.  桶川市早期不妊検査実施証明書(医療機関が記入) 書式は

*医療機関には記入注意事項

もお渡しください。

3.  検査費用の領収書(原本)・検査内容がわかるもの(請求書や明細書など)

*領収書等の原本は「桶川市助成申請済」のゴム印を押してお返しします。

4.  振込を希望する金融機関口座の通帳(ご夫婦いずれかの名義の口座)

*口座名義、口座番号、店番号の記載がある部分のコピーでも構いません。

5.  印鑑(朱肉を使うもの)

6.  夫婦が別世帯は、市外在住の人の住民票と戸籍謄本

*世帯が別でも、夫婦共に市内であれば不要です。 申請期間は、不妊検査終了日の属する年度の翌年4月30日までとなります。3月に検査が終了した場合、4月末までの申請となり、申請期間が短くなるのでご注意ください。

なお、申請から助成金が指定口座に振り込まれるまで、2か月くらいかかります。

 

不妊治療費の助成について

特定不妊治療(体外受精・顕微授精)については、医療保険が適応されず高額なため、県ではご夫婦の合計所得が730万円未満で一定の要件を満たす場合に、治療費の助成をしています。

(新しいウィンドウで開きます)

しかしながら、不妊治療を受けるご夫婦の経済的負担が大きいため、県の助成制度に上乗せする形で、市でも不妊治療費の助成を開始しました。

対象者

  次の全てに該当しているご夫婦

1. 不妊治療開始時に法律上の婚姻をしている夫婦であり、埼玉県不妊治療費助成事業の助成金支給決定日から助成申請時まで双方又は一方が桶川市に住民登録をしていること

2.  不妊治療開始時の妻の年齢が43歳未満であり、埼玉県不妊治療費助成事業の助成金支給決定を平成29年4月1日以降に受けていること

3.  同一の不妊治療費に対し、他市町村で同様の助成を受けていないこと

4.  市民税を滞納していないこと

助成内容

支払った不妊治療費総額から埼玉県不妊治療費助成事業による助成金支給額を除き、5万円を上限とし助成します。

ただし、特定不妊治療費助成事業の初回治療助成として支給決定された場合は、10万円を上限とし助成します。 助成回数は、夫婦一組につき6回まで。ただし、特定不妊治療費助成事業 通算1回目の治療開始時の妻の年齢が40歳以上の場合は3回までとなります。

申請方法等

次のものを持参し、健康増進課(保健センター内)にご来所ください。

1.  桶川市早期不妊治療費助成金交付申請書 書式は

2.  埼玉県不妊治療費助成事業助成金支給決定通知書

3.  不妊治療費用の領収書(原本)・治療内容がわかるもの(請求書や明細書など)

*領収書等の原本は「桶川市助成申請済」のゴム印を押してお返しします。

4.  振込を希望する金融機関口座の通帳(ご夫婦いずれかの名義の口座)

*口座名義、口座番号、店番号の記載がある部分のコピーでも構いません。

5.  印鑑(朱肉を使うもの)

申請期間は、埼玉県不妊治療費助成事業助成金支給決定通知書の支給決定日から、6か月以内となります。

ただし平成29年4月1日から8月30日までに支給決定されたものは、平成30年2月28日まで受け付けます。

なお、申請から助成金が指定口座に振り込まれるまで、2か月くらいかかります。

 

不妊に関する県の相談窓口

  • 埼玉県不妊専門相談センター
    専門医が不妊検査や治療などの医学的な相談に応じます。(面接相談・予約制)
    場所 埼玉医科大学総合医療センター内 (住所:川越市鴨田1981)
    電話番号 049-228-3674 *電話にて必ず予約をしてください。
    予約受付 月~土曜日 午前9時~午後5時(祝日、年末年始を除く) 
    面接日時 毎週火曜日・金曜日 午後4時~5時(祝日、年末年始を除く) 
     
  • 妊娠・不妊・不育症に関する電話相談
    助産師による、不妊・不育症に関する電話相談を行っています。
    電話番号 048-799-3613
    相談日 毎週月曜日・金曜日 午前10時~午後3時
    第1・第3土曜日 午前11時~午後3時、午後4時~7時
    (いずれも祝日、年末年始を除く)
この記事に関するお問い合わせ先

健康増進課
住所:桶川市鴨川1-4-1
電話:048-786-1855
ファックス:048-786-0096

メールでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年01月12日