現在の位置

島村老茶舗の建物が国の登録有形文化財になりました

内容

令和2年4月3日付け官報(号外第71号)の文部科学省告示第48号において、桶川市寿2丁目に所在する「島村老茶舗店舗兼主屋」が文化財登録原簿に登録されたことが告示されました。これをもって、同建造物は正式に国登録有形文化財(建造物)になりました。

登録名称:島村老茶舗店舗兼主屋(しまむらろうちゃほてんぽけんおもや)
所 在  地:寿2-1-5
登録基準:国土の歴史的景観に寄与しているもの

島村老茶舗について

島村老茶舗は、嘉永7年(1854年)に中山道桶川宿に創業した茶商です。現在で6代目、165年の歴史がある商家です。登録有形文化財に登録されるのは、中山道に面した木造二階建ての店舗と、その奥に続く木造平屋建ての主屋です。店舗は大正15年(1926年)、主屋は嘉永7年に建てられました。
街道沿いの店舗は、大正15年に建てられた当時の姿をそのままとどめており、当時の商家の規範となる建物です。吟味された上質な木材が使用され、細部にわたり丁寧な造りをみることができます。当時の商家の繁栄をうかがわせるとともに、旧桶川宿の面影を伝えるたいへん貴重な建物です。
(島村老茶舗については、こちらもご参照ください。【島村老茶舗について(PDF:2.2MB)】)

 

※島村老茶舗は、通常営業している商店です。外観は中山道からご覧いただけますが、内部を一般公開しているものではありません。ご見学の際は、営業のさまたげにならないよう、ご配慮をお願いいたします。

 

 

島村老茶舗店舗

島村老茶舗 店舗外観

地図情報

この記事に関するお問い合わせ先

生涯学習文化財課 文化財係
住所:桶川市泉1丁目3番28号
電話:048-788-4971(直通)048-786-3211(代表)
ファックス:048-786-5043
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年04月15日