現在の位置

企画展示「芸能の道具立て‐民俗芸能のデザイン‐」

概要

  桶川市には、先祖から受け継いだ「ささら獅子舞」「万作」「接待餅」などの民俗芸能が伝えられています。
  これらの芸能に用いられる道具や衣装には、晴れの日に舞い踊る人々の心意気や時の流れの中で育まれてきた創意を見ることができます。

歴史民族資料館に展示されているささら獅子舞の画像

ささら獅子舞

歴史民族資料館に展示されている着物を着た2体のマネキンの画像

万作踊り

展示期間

平成29年12月2日(土曜日)~平成30年2月18日(日曜日)
午前9時~午後4時30分
月曜日、年末年始(12月27日(水曜日)~1月5日(金曜日))は休館日です。

関連事業

展示解説講座「ササラの系譜と若者をめぐる芸能」

講師

関 孝夫氏(上尾市教育委員会、日本民俗学会会員)
橋本富夫氏(日本民俗学会会員)

日時

平成30年1月21日(日曜日) 午後2時から

会場

川田谷生涯学習センター

費用

無料

定員

40名(先着順)

申込

12月5日~1月17日(水曜日)に、電話または直接歴史民俗資料館へ

特別公演「里神楽」

公演団体

竹間沢里神楽保存会(三芳町無形民俗文化財)

日時

平成30年2月17日(土曜日)午後2時から

会場

川田谷生涯学習センター

費用

無料

申込

不要

チラシ

リーフレット

展示解説シート

この記事に関するお問い合わせ先

歴史民俗資料館
住所:桶川市川田谷4405-4
電話:048-786-4030
ファックス:048-786-4031
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2021年04月29日