現在の位置

「新型コロナウイルスを想定した『新しい生活様式』における熱中症予防について

熱中症は、高温で湿度が多い環境に長くいることで、体内の水分や塩分のバランスがくずれ、体内に熱がこもった状態を言います。
屋外だけでなく、室内でも、熱中症になりますので、注意が必要です。

新型コロナウイルスの出現に伴い、今年の夏はこれまでとは異なる生活環境下で迎えることになりますが、例年以上に熱中症に気をつけなければなりません。十分な感染予防を行いながら、熱中症予防もこれまで以上に心掛けるようにしましょう。

熱中症予防行動の留意点

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

1.夏期の気温・湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなるおそれがあります。このため、屋外で人と十分な距離(少なくとも2メートル以上)が確保できる場合には、熱中症のリスクを考慮し、マスクをはずすようにしましょう。

2.マスクを着用している場合には、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心掛けるようにしましょう。また、周囲の人との距離を十分にとれる場所で、適宜、マスクをはずして休憩することも必要です。

3.新型コロナウイルス感染症を予防するためには、冷房時でも換気扇や窓開放によって換気を確保する必要があります。この場合、室内温度が高くなるので、熱中症予防のためエアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。

4.日頃の体温測定、健康チェックは、新型コロナウイルス感染症だけでなく、熱中症を予防する上でも有効です。体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養するようにしましょう。

5.3蜜(密集、密接、密閉)を避けつつも、熱中症になりやすい高齢者、子ども、障がい者への目配り、声掛けをするようにしましょう。

従来からの熱中症予防行動の徹底

1.暑さを避けましょう

・暑さを感じなくても、室温が高い時は、エアコンや扇風機を使用しましょう。
・遮光カーテンやすだれ、打ち水を利用しましょう。
・気温や湿度が高い日は、外出をできるだけ控えましょう。
・外出時は、日傘や帽子を使用し、なるべく日陰を歩きましょう。
・通気性の良い、吸湿性、速乾性のある衣服を着て、冷たいタオルなどで、体に熱がこもらないようにしましょう。 ・少しでも体調に異変を感じたら、涼しい場所に移動し水分を補給してください(急に暑くなった日や、久しぶりに暑い環境で身体を動かす際には特に注意が必要です)

2.こまめに水分をとりましょう

・室内でも、外出時でも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分を補給しましょう。(一般的に、食事以外に1日当たり1.2Lの水分の摂取が目安とされています)
・たくさん汗をかく時は、スポーツドリンクや経口補水液など塩分を含む飲み物をとりましょう。

3.暑さに備えた体作りをしましょう

・暑くなり始めの時期から適度に運動(「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる強度で、毎日30分程度)を心掛け、身体が暑さに慣れるようにしましょう。(暑熱順化)(※ただし、その際は水分補給を忘れずに、無理のない範囲で実施してください)

熱中症の症状

めまい、たちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い、頭痛、吐き気、嘔吐、
倦怠感、脱力感、体が熱い

重症になると、返事がおかしい、意識消失、けいれん等

熱中症が疑われる人を見かけたら

エアコンが効いている室内や風通しのよい日陰など、涼しい場所に避難させる。

衣服をゆるめ、体を冷やす。特に、首のまわりや脇の下、足の付け根を、氷や保冷剤で冷やす。

スポーツドリンクや経口補水液を飲ませる。

自力で水分が飲めない、言動がおかしい、立ち上がれない、意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

 

参考ホームページ

この記事に関するお問い合わせ先

健康増進課
住所:桶川市鴨川1丁目4番1号
電話:048-786-1855
ファックス:048-786-0096

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年07月01日