現在の位置

新型コロナウイルスの各ワクチンについて

更新日:2022年10月25日

ファイザー社のワクチンについて

特徴など

・ファイザー社のワクチンは、メッセンジャーRNAワクチンという種類のワクチンで、筋肉内注射という方法で接種します。

・ワクチンの効果を十分に得るために、同じワクチンを通常3週間空けて2回受ける必要があります。(初回接種)

・何かの病気で治療中の方や授乳中の方、妊娠中の方などについては、かかりつけ医や主治医とご相談の上、接種をご検討ください。

・接種後には次のような症状が現れる可能性があります。

【接種後、すぐに現れる可能性のある症状】

アナフィラキシー、血管迷走神経反射

【接種後、数日以内に現れる可能性のある症状】

接種部位の痛み、頭痛、関節痛や筋肉痛、疲労、悪寒、発熱など

※接種後に異常が認められた場合には、接種医やかかりつけ医などにご相談ください。

・その他、ワクチンの詳しい情報や、ワクチンを受けた後の注意点については、以下の厚生労働省作成資料などをご確認ください。

モデルナ社のワクチンについて

特徴など

・モデルナ社のワクチンは、メッセンジャーRNAワクチンという種類のワクチンで、筋肉内注射という方法で接種します。

・ワクチンの効果を十分に得るために、同じワクチンを通常4週間空けて2回受ける必要があります。(初回接種)

・何かの病気で治療中の方や授乳中の方、妊娠中の方などについては、かかりつけ医や主治医とご相談の上、接種をご検討ください。

・接種後には次のような症状が現れる可能性があります。

【接種後、すぐに現れる可能性のある症状】

アナフィラキシー、血管迷走神経反射

【接種後、数日以内に現れる可能性のある症状】

接種部位の痛み、頭痛、関節痛や筋肉痛、疲労、悪寒、発熱など

※接種後に異常が認められた場合には、接種医やかかりつけ医などにご相談ください。

・その他、ワクチンの詳しい情報や、ワクチンを受けた後の注意点については、以下の厚生労働省作成資料などをご確認ください。

武田社ワクチン(ノババックス)について

・武田社のワクチンは、組み換えタンパクワクチンという種類のワクチンで、筋肉内注射という方法で接種します。

・ワクチンの効果を十分に得るために、同じワクチンを通常3週間空けて2回受ける必要があります。(初回接種)

・接種対象は18歳以上となります。

・何かの病気で治療中の方や授乳中の方、妊娠中の方などについては、かかりつけ医や主治医とご相談の上、接種をご検討ください。

・接種後には次のような症状が現れる可能性があります。

【接種後、すぐに現れる可能性のある症状】

アナフィラキシー、血管迷走神経反射

【接種後、数日以内に現れる可能性のある症状】

接種部位の痛み、頭痛、関節痛や筋肉痛、疲労、悪寒、発熱など

※接種後に異常が認められた場合には、接種医やかかりつけ医などにご相談ください。

・その他、ワクチンの詳しい情報や、ワクチンを受けた後の注意点については、以下の厚生労働省作成資料などをご確認ください。

新型コロナワクチンの副反応等について

厚生労働省のホームページでは、新型コロナワクチンの副反応疑い報告について、情報を掲載しています。

ワクチンを接種するかどうかは、ワクチン接種のリスクとベネフィットの双方を考慮して、ご本人の意思でご判断ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_hukuhannou-utagai-houkoku.html

この記事に関するお問い合わせ先

健康増進課 新型コロナワクチン接種係
住所:桶川市鴨川1丁目4番1号
電話:048-786-1855
ファックス:048-786-0096
メールでのお問い合わせはこちら