現在の位置

「第69回文化財防火デー」の実施について

更新日:2023年01月16日

概要

   毎年1月26日は「文化財防火デー」です。昭和24年1月26日に法隆寺金堂壁画が焼損したことから、毎年この日を「文化財防火デー」と定め、文化財を火災、震災その他の災害から守ることを目的とした「文化財防火運動」を全国的に展開し、国民の文化財愛護に関する意識の高揚を図るとともに、文化財の火災予防対策を推進しています。

   近年ではフランスのノートルダム大聖堂や沖縄県那覇市の首里城跡の火災により、貴重な文化財が失われています。文化財を災害から守るためには、その所有者、管理者、関係機関だけでなく、周辺の地域住民との連携・協力が必要であることから、「文化財防火デー」を機に、文化財は国民共有の貴重な財産であることを再認識し、防火・防災意識の高揚に努めていただきますよう、よろしくお願いします。

  なお、桶川市では桶川消防署の主催により、下記のとおり、消防訓練を実施する予定です。(見学可)

消防訓練の実施

   文化財を火災等から守るため、消防訓練を行うことにより初期消火体制を確立し、市民に対する文化財防火デーの趣旨と火災予防の徹底を図ることを目的として、消防訓練を実施します。

訓練の内容

・日時:令和5年1月25日(水曜日)午前10時00分から午前11時00分頃まで

・場所:桶川市大字倉田150番地 明星院

・所有する文化財:埼玉県指定有形文化財(古文書)明星院文書                                                                                 (※ 現物は県立文書館に寄託しています。)

                           埼玉県指定記念物(天然記念物)倉田の大カヤ

・参加機関:桶川消防署、北本消防署、桶川市消防団第7分団、明星院

・訓練内容:通報訓練、文化財搬出訓練、火災防ぎょ訓練、初期消火訓練

 ※新型コロナウイルスの感染状況や荒天等のときには中止となる場合があります。その際は改めて同ホームページでお知らせをいたします。

過去の訓練の様子(火災防ぎょ訓練)

過去の訓練の様子(火災防ぎょ訓練)

過去の訓練の様子(初期消火訓練)

過去の訓練の様子(初期消火訓練)

 

この記事に関するお問い合わせ先

文化財課 文化財保護係(市役所旧分庁舎内)
​​​​​​​住所:桶川市上日出谷南3-4-1
​​​​​​​電話:048-786-4009
ファックス:048-786-4031
メールでのお問い合わせはこちら