現在の位置

「平和を考える10日間」を開催します。

市では、先の戦争を振り返り、その教訓を学びながら平和について考える機会とするとともに、平和の大切さを次の世代へ伝えていくことを目的とし、昭和57年から、毎年8月6日から15日までを「平和を考える10日間」とし、以下の事業を行っています。

1 平和の折り鶴

折り鶴

市広報6月号にて平和の折り鶴の作成を呼びかけ、市内施設に折り紙セットを配布し、ご応募いただいた折り鶴を千羽鶴にまとめ、平和へのメッセージ会場に展示した後、原爆被害を受けた広島市及び長崎市へ送付しています。

2 ピースキャラバン

実物資料キャラバン

市内中学校の生徒を対象に、埼玉県平和資料館職員による平和教育を実施しています。太平洋戦争中の市民生活等について、実物資料や写真を見ながら、戦争の悲惨さを学び、平和の尊さを考える機会を設けています。

3 横断幕掲出

桶川駅自由通路及び市庁舎壁面に、以下の横断幕を掲出し、広く周知を行います。

「 恒久平和は みんなの願い 平和を考える10日間 8月6日-15日 桶川市 」

横断幕

平和事業横断幕

 

4 平和へのメッセージ2021

平和の木展示感想文市長平和の葉

平和に関連する展示(折り鶴や戦争当時の写真パネル)や平和へのメッセージを募集します。また、出演協力団体による動画等を放映します。

日時 令和3年8月6日(金曜日)~15日(日曜日) の10時から15時

※15日は正午まで

会場 おけがわマイン 3階 honプラス イベントスペース

<動画の出演協力団体>

ウクレレエコーズ、オカリナサークル笛吹童子、桶川ギターアンサンブル、桶川原水爆禁止協議会、桶川マジックサークル、箏曲愛好会、ハーモニーギター同好会、紅花の会、まぁむ・くれよん、よさこいソーラン北桜連、朗読とギターの会(11団体、団体名かな順)

 

※詳細は以下のチラシ参照

平和へのメッセージ2021チラシ

 

 

5 サイレン吹鳴と黙とうの呼びかけ・半期掲揚

以下の日時に、原爆被害者及び戦没者の冥福を祈るため、市の防災無線にて黙とうの呼びかけを行い、サイレンを吹鳴します。また、8月15日に市役所にて半旗を掲揚します。

日時 内容
8月6日(金曜日)8時15分 広島原爆投下時刻
8月9日(月曜日)11時02分 長崎原爆投下時刻
8月15日(日曜日)正午 戦没者を追悼し、平和を祈念する日

 

6 平和図書コーナーの設置

市内4か所の図書館に、戦争や平和に関連する図書コーナーを設置します。

平和図書コーナー

7 戦争体験記冊子の頒布

市役所3階自治文化課にて、昭和62年から平成28年まで広報で募集し、応募のあった戦争体験記を以下の冊子に綴り、頒布しています。

※市役所窓口以外で頒布を希望される方は、自治文化課(直通電話048-788-4919)までお問い合わせください。

冊子名 広報掲載年 料金
いのちの伝言 昭和62年度~平成7年 500円
続いのちの伝言 平成8年~平成18年 200円
続々いのちの伝言 平成19年~平成28年 200円

 

戦争体験記

この記事に関するお問い合わせ先

自治文化課 自治・消費生活係
住所:桶川市泉1丁目3番28号
電話:048-788-4919(直通)048-786-3211(代表)
ファックス:048-786-3740
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2021年07月20日