現在の位置

熱中症にご注意ください

更新日:2022年07月01日

熱中症とは

 熱中症とは、高温多湿な環境に長時間いることで、体温調節 機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。
 屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、 救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。
 熱中症について正しい知識を身につけ、体調の変化に気をつけるとともに、 周囲にも気を配り、熱中症による健康被害を防ぎましょう。

熱中症の予防対策

1.暑さを避ける、身をまもる

●からだの蓄熱を避けるために

・通気性のよい、吸湿性・速乾性のある衣服を着用する

・保冷剤、氷、冷たいタオルなどで、からだを冷やす

●屋外では

・日傘や帽子の着用

・日陰の利用、こまめな休憩

・天気のよい日は、日中の外出をできるだけ控える

●室内では

・扇風機やエアコンで温度を調節

・遮光カーテン、すだれ、打ち水を利用

・室温をこまめに確認

・WBGT値※も参考に

※WBGT値:気温、湿度、輻射(放射)熱から算出される「暑さの指数」。運動や作業の度合いに応じた基準値が定められています。 環境省のホームページ(熱中症予防情報サイト)に、観測値と予想値が掲載されています。

2.こまめに水分を補給する

室内でも、屋外でも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分・塩分、スポーツドリンクなどを補給する。

熱中症の症状

めまい、たちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い、頭痛、吐き気、嘔吐、
倦怠感、脱力感、体が熱い

重症になると、返事がおかしい、意識消失、けいれん等

熱中症が疑われる人を見かけたら

エアコンが効いている室内や風通しのよい日陰など、涼しい場所に避難させる。

衣服をゆるめ、体を冷やす。特に、首のまわりや脇の下、足の付け根を、氷や保冷剤で冷やす。

スポーツドリンクや経口補水液を飲ませる。

自力で水分が飲めない、言動がおかしい、立ち上がれない、意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

気象予報士と学ぶ!2022年の熱中症対策

NPO法人気象キャスターネットワークYoutubeチャンネルです。

まちのクールオアシス

熱中症対策の一環として、埼玉県では、「まちのクールオアシス」として、県内の公共施設のほか県内企業に、外出時の一時休息所の設置や熱中症についての情報発信拠点としてご協力をお願いしています。

2022年には、コンビニやドラッグストアなど約8,600施設が「まちのクールオアシス」に登録しています。

桶川市でも、行政施設として16か所が「まちのクールオアシス」に登録しています。<桶川市役所、桶川市役所駅西口連絡所、桶川市保健センター、児童館、駅前子育て支援センター、日出谷子育て支援センター、市民活動サポートセンター、勤労福祉会館、川田谷生涯学習センター、桶川市公民館、桶川東公民館、加納公民館、駅西口図書館、サン・アリーナ、響きの森(市民ホール・さいたま文学館)、坂田コミュニティセンター>

このステッカーが「まちのクールオアシス」協力施設の目印です。


r3cooloasis

この記事に関するお問い合わせ先

健康増進課 保健係
住所:桶川市鴨川1丁目4番1号
電話:048-786-1855
ファックス:048-786-0096
メールでのお問い合わせはこちら