現在の位置

国民健康保険証(被保険者証および被保険者証兼高齢受給者証)の更新について

令和2年8月1日からご使用できる新しい保険証(ピンク色)を、国保加入世帯に簡易書留で郵送します。

7月31日までは現在の保険証(灰色)をご使用いただき、8月1日以降は新しい保険証(ピンク色)のご使用をお願いします。

 

1.有効期限の変更について

新しい保険証の有効期限は、令和3年7月31日となります。

ただし、以下の方は有効期限が異なります。

昭和25年8月2日~昭和26年7月1日生まれの方

70歳になると自己負担額割合が2割または3割(注1)となり、被保険者証から被保険者証兼高齢受給者証に切り替わります。このため、新しい被保険者証の有効期限は70歳の誕生日が1日の方は前月末まで、70歳の誕生日が2日~末日までの方は当月末まで(例参照)となります。また、新しい被保険者証兼高齢受給者証は該当月の前月中旬ごろに郵送します。

(例)  誕生日が9月1日の方 → 被保険者証の有効期限は8月31日まで

           誕生日が9月2日~9月30日の方 → 被保険者証の有効期限は9月30日まで

(注1)所得区分が「現役並み所得」に該当する方は、自己負担割合が3割となります。

 

昭和20年8月2日~昭和21年7月31日生まれの方

75歳になった日から、後期高齢者医療制度にご加入となりますので、被保険者証兼高齢受給者証の有効期限は75歳の誕生日の前日までです。 

 

令和3年7月31日までに在留期限を迎える外国人籍の方

在留期間終了日の翌日が有効期限です。

被保険者証の有効期限を延長する場合は、入国管理局で在留期間の更新の手続き後、更新後の在留カードと国民健康保険被保険者証を持って保険年金課までお越しください。

 

2.高齢受給者証との一体化

令和2年8月1日より、70歳以上の被保険者に対して従来別々に交付していた「被保険者証」と「高齢受給者証」が一体化され、「被保険者証兼高齢受給者証」を交付します。

詳しくは下記のページでご確認ください。

 

3.他の健康保険に加入した場合について

国民健康保険の脱退手続が必要となります。

詳しくは下記のページでご確認ください。

4.有効期限が満了した保険証について

現在ご使用されている保険証は令和2年7月31日まで有効ですので、8月1日以降に保険年金課に返却していただくか、ご自身で細かく切るなど確実に破棄してください。

 

この記事に関するお問い合わせ先

保険年金課 国民健康保険係
住所:桶川市泉1丁目3番28号
電話:048-788-4941(直通)048-786-3211(代表)
ファックス:048-786-5882
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年06月29日