現在の位置

親子で楽しく家庭で過ごす方法

1.家庭で過ごすとき、気を付けること

家庭で過ごす時間が増えるほど、日中だらだらと過ごす日が続いてしまっているかもしれません。この状態では、「睡眠」「食事」「運動」の生活リズムが乱れ、免疫力が低下する恐れがあります。免疫力とは、私たちの体を細菌やウイルスから守る抵抗力のことをいいます。免疫力が低下すると感染症にかかりやすくなります。そのため、「今日は何をする?」など目的を決めて、メリハリのつけた生活を送るように意識しましょう。

2.おすすめな「親子で楽しく家庭で過ごす方法」

家庭で過ごすときに一番大切なことは、「親子で楽しむこと」です。

ここでは、おすすめな「親子で楽しく過ごす方法」をご紹介します。

2-1.簡単につくれるおもちゃで遊ぼう♪

ご家庭にあるペットボトルや牛乳パックで子どもたちが喜ぶおもちゃが簡単に作れます。
お子さんと一緒に楽しんでくださいね!

(1)牛乳パックのパクパク人形(作成:駅前子育て支援センター)

できあがり写真♪

お子さんの好きなキャラクターで作りましょう。

(2)小麦粉粘土

小麦粉粘土

(3)キラキラ☆マラカス(作成:日出谷子育て支援センター)

マラカス

(4)見て楽しいスノードーム

スノードーム

(5)水遊びの巻

さかな

発泡スチロールのおさかな

ジョウロ

ペットボトルのジョウロ

水鉄砲さん

マヨネーズ容器の水鉄砲

お舟さん

牛乳パックのふね

パタパタ

しっぽが動くさかな

水車

よく回る水車

2‐2.楽しくスキンシップをしましょう♪

(1)親子で楽しいふれあい遊び(作成:日出谷子育て支援センター)

ふれあい遊びは、親子の絆を深くする効果があることがわかっています。お子さんの反応を見ながら、親子で楽しいスキンシップをしてみませんか。

2‐3.保育士がすすめる家庭でできる楽しい遊び

市保育士がすすめる家庭でできる楽しい遊びをご紹介します。
詳しくは、下記をご確認ください。

2-4.絵本は心の栄養剤

お子さんをひざの上に抱いて、肌の温もりを感じながらお話しの世界へ。
子育てコンシェルジュおすすめの絵本は、下記をご確認ください。

2-5.親子でつくろう簡単おやつ♪(作成:保健センター)

子どもと一緒に楽しくておいしい時間を過ごすのはどうですか。ここでは、スキムミルクを活用した成長期の子どもに必要な栄養素「カルシウム」を強化したおやつレシピをご紹介します。ぜひ、少ない材料で、簡単に作ることができるので、ご活用ください。

(1)おやつレシピはこちらから

※乳アレルギーの方は、スキムミルクを除去するようにしてください。また、一部レシピには、スキムミルク以外で、材料として用いられる牛乳・乳製品に関しての代替え食材を記載しています。

スキムミルククッキー
ホットケーキ
ムース
フレンチトースト
寒天
麩ラスク
スムージー

~「手洗い」を忘れずに!~

必ず、しっかり手洗いをしてから、料理をするようにしましょう。手指には、目に見えないウイルスや細菌が付着しています。料理の途中も、どこかを触ったときなど、こまめに手洗いをしましょう。

(2)もっと、料理を楽しみたい方へ

料理を楽しみながら、野菜不足を解消しましょう。私たちは、健康づくりのために、「野菜1日小鉢5皿(350g)以上」の摂取が推奨されています。市では、野菜1皿70g以上の献立を作成しています。詳しくは、下記のリンク先より、ご確認できます。

2‐5.体を動かして遊びましょう♪

家庭で楽しく遊べる運動について紹介しているサイト(スポーツ庁推奨)をご紹介します。体を動かせば、心がリフレッシュし、ストレス解消につながります。

(1)公益財団法人日本スポーツ協会

・幼児、小学生向け
・少人数でも行える運動遊びについて、イラストを使ってわかりやすく紹介します。

(2)公益社団法人日本レクリエーション協会

・幼児、小学生向け
・人数や場所の広さで、様々な運動遊びを検索できます。

(3)その他、子供の運動あそび応援サイト(スポーツ庁)をご確認ください

3.子育てに関するご相談をしたい方へ

子育てに関する不安や悩みはありませんか。子育て世代包括支援センター「オケちゃる」では、子育てに関するご相談をお受けしています。不安や悩みは、ひとりで抱え込まず、お気軽にご相談ください。

※詳しくは、下記のリンク先をご確認ください※

この記事に関するお問い合わせ先

健康増進課 保健係
住所:桶川市鴨川1丁目4番1号
電話:048-786-1855
ファックス:048-786-0096
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年07月01日