現在の位置

桶川市の基本方針について

1月11日更新

1月7日、政府対策本部は、埼玉県全域を含む首都圏の1都3県(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)に対し、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、1月8日から2月7日までを期間とする「緊急事態宣言」を発令しました。

これを受け、同日、埼玉県知事が、「緊急事態措置等」を実施し、県の方針を示したことに伴い、桶川市では以下の方針で対策を講じることといたします。

基本方針

国の「緊急事態宣言」、県の「緊急事態措置等」を受け、感染拡大傾向にある当市としても、感染拡大に歯止めをかけ、医療崩壊を防ぐ役割の一翼を担うとともに市民の安心安全な生活を守るための対策を、講じることといたします。

実施期間

令和3年1月12日(火曜日)から令和3年2月7日(日曜日)

市の対策

1.市主催の市内公共施設における講座や事業(公民館、図書館の貸し出しを含む)につきましては感染症対策を徹底したうえ実施して参りましたが、原則、夜間の開催の中止または延期いたします。

ただし、市民活動への影響を考慮し、この期間に実施する必要があり、やむを得ず開催する場合は、徹底した感染防止対策を講じることといたします。

2.市内公共施設の貸館業務につきましては、夜間(時間貸の場合は午後7時以降)の貸出を中止いたします。

ただし、既に施設等の利用の予約が行われている場合などは除くこととします。なお、この場合においては、主催者などに対して感染対策を厳格に行うよう要請します。

3.グラウンドやテニスコートなどの屋外施設の利用につきましては、夜間(時間貸の場合は午後7時以降)を除き利用可としますが、引き続き感染拡大防止対策を徹底して利用をお願いいたします。

4.市主催のイベントや集会等は、原則、開催の中止または延期をいたします。ただし、この期間に実施する必要があり、やむを得ず開催する場合は、徹底した感染防止対策を講じることといたします。

なお、収容人数の定めのある施設での参加人数は、収容率50%を上限とします。

5.指定管理者についても、1~4の対応を要請いたします。

*各施設の貸館や各イベント等の中止、延期等につきましてはこちらからご確認ください。

 

市民の皆様へのお願い

1.医療機関への通院、食料・医療品・生活必需品の買い出し、職場や学校等への出勤・通学、屋外での運動や散歩など生活維持のために必要な場合を除き、不要不急の外出の自粛をお願いいたします。特に、午後8時以降の不要不急の夜間外出の自粛をお願いいたします。

2.夜間のイベントや集会、会食等については、開催の中止や延期をお願いいたします。

3.市内公共施設の利用に際しましては、高齢者又は基礎疾患をお持ちの方は、不要不急の利用の自粛をお願いいたします。

4.引き続き、マスクの着用、手洗い、うがいの徹底や3密の回避など、基本的な感染予防に努めてください。

11月30日更新

市の公共施設利用等については、国が示す「新しい生活様式」及び埼玉県が示す「彩の国新しい生活様式」を踏まえ、様々な感染防止対策を講じてまいりました。国、県から令和2年12月1日以降イベントの取り扱いについての方針が示されました。このことを踏まえ市では、令和2年12月1日(火曜日)から令和3年2月28日(日曜日)までの市の公共施設利用等について、次の基本方針に基づいた対応を行ってまいります。

基本方針

公共施設の開館や市主催イベントの開催などについては、国が示す「新しい生活様式」及び埼玉県が示す「彩の国新しい生活様式」を踏まえ、市民の皆様の健康的な暮らしを守るための様々な感染防止対策を引き続き講じてまいります。

市の対応

1.市内公共施設における市主催の講座や事業については、国、県が示す方針に基づき感染拡大防止策を徹底したうえで、次の点に配慮し実施することとします。

(1)大声での歓声、声援等がないことを前提としうる催物について

    ア)収容定員が設定されいる場合は、収容定員までの参加人数を可能とします。

   イ)収容定員が設定されていない場合は、密が発生しない程度の間隔(最低限人と人が接

触くしない間隔)を空けることとします。

(2)大声で歓声、声援等が想定される催物について

  ア)収容定員が設定されている場合は、収容定員の50%までの参加人数を可能とします。

  イ)収容定員が設定されていない場合は、十分な間隔(1m)を空けていることとします

*別紙(概要)12月以降のイベント開催制限のあり方について 概要(PDFファイル:227.8KB)

*別紙1 イベント開催時の必要な感染防止策.別紙1(PDFファイル:191.7KB)

*なお、施設によって感染防止対策が十分に取れない場合は、収容人数の制限等をさせていただく場合があります。

2.指定管理者についても、1の対応を要請いたします。

3.市の通常業務においては、引き続き感染防止の観点から代替可能な業務については出来る限り直接面接による応接を避け、電話及び郵送等による対応といたします。

4.直接市民と接する場合は、引き続きマスクの着用、手洗い、咳エチケット等の感染防止対策を徹底いたします。

*市で行う事業・教育・保育等、並びに市民の皆様の公共施設の貸館等につきましては、基本的な感染防止対策の徹底を図りながら実施・運営いたしますが、今後市内の感染の拡大傾向が見られた場合や県からの要請があった場合等、事業等の規模を縮小や中止、あるいは休業し、施設の従業者や利用者等に感染者、濃厚接触者等が確認された場合は施設を閉じることがあります。

市民の皆様へのお願い

1. 外出する場合や人と会う場合などは社会的距離を適切に取り。「密閉」、「密集」、「密接」の3つの密を避けるなど感染防止対策をお願いいたします。

2. 手洗い、うがい、マスクの着用や咳エチケットの徹底をお願いいたします。

3. 免疫力を高めるため、栄養バランスの良い食事、適度な運動、十分な睡眠を心がけていただきますようお願いいたします。

4. 公共施設のご利用につきましては、マスク着用、手洗い、消毒、換気、密集の回避等の基本的な感染防止策にご協力お願いいたします。また、イベントや集会等を開催する場合は、十分な感染防止対策をお願いいたします。

5. 今後も新型コロナウイルスは、感染が拡大する可能性もありますので、「新しい生活様式」を踏まえた行動を心がけていただきますようお願いいたします。

9月25日更新

市の公共施設利用等については、国が示す「新しい生活様式」及び埼玉県が示す「彩の国新しい生活様式」を踏まえ、様々な感染防止対策を講じてまいりました。国、県から9月19日以降のイベントの取扱いについての方針が示されました。このことを踏まえ市では、10月1日(木曜日)から11月30日(月曜日)までの市の公共施設利用等について、次の基本方針に基づいた対応を行ってまいります。

基本方針

公共施設の開館や市主催イベントの開催などについては、国が示す「新しい生活様式」及び埼玉県が示す「彩の国新しい生活様式」を踏まえ、市民の皆様の健康的な暮らしを守るための様々な感染防止対策を引き続き講じてまいります。

市の対応

1.市内公共施設における市主催の講座や事業については、国が示す緩和条件を遵守したう え、次の点に配慮し実施することとします。

(1)大声での歓声、声援等がないことを前提としうる催物について

    ア)収容定員が設定されいる場合は、収容定員までの参加人数を可能とします。

   イ)収容定員が設定されていない場合は、密が発生しない程度の間隔(最低限人と人が接

触くしない間隔)を空けることとします。

(2)大声で歓声、声援等が想定される催物について

  ア)収容定員が設定されている場合は、収容定員の50%までの参加人数を可能とします。

  イ)収容定員が設定されていない場合は、十分な間隔(1m)を空けていることとします。

*別紙1 11月末までのイベント開催制限の考え方についてbessi1(PDFファイル:231.6KB)

*別紙2 各種イベントにおける大声での声援等がないイベント例bessi2(PDFファイル:216.7KB)

*なお、施設によって感染防止対策が十分に取れない場合は、収容人数の制限等をさせていただく場合があります。

2.指定管理者についても、1の対応を要請いたします。

3.市の通常業務においては、引き続き感染防止の観点から代替可能な業務については出来る限り直接面接による応接を避け、電話及び郵送等による対応といたします。

4.直接市民と接する場合は、引き続きマスクの着用、手洗い、咳エチケット等の感染防止対策を徹底いたします。

*市で行う事業・教育・保育等、並びに市民の皆様の公共施設の貸館等につきましては、基本的な感染防止対策の徹底を図りながら実施・運営いたしますが、今後市内の感染の拡大傾向が見られた場合や県からの要請があった場合等、事業等の規模を縮小や中止、あるいは休業し、施設の従業者や利用者等に感染者、濃厚接触者等が確認された場合は施設を閉じることがあります。

市民の皆様へのお願い

1. 外出する場合や人と会う場合などは社会的距離を適切に取り。「密閉」、「密集」、「密接」の3つの密を避けるなど感染防止対策をお願いいたします。

2. 手洗い、うがい、マスクの着用や咳エチケットの徹底をお願いいたします。

3. 免疫力を高めるため、栄養バランスの良い食事、適度な運動、十分な睡眠を心がけていただきますようお願いいたします。

4. 公共施設のご利用につきましては、マスク着用、手洗い、消毒、換気、密集の回避等の基本的な感染防止策にご協力お願いいたします。また、イベントや集会等を開催する場合は、十分な感染防止対策をお願いいたします。

5. 今後も新型コロナウイルスは、感染が拡大する可能性もありますので、「新しい生活様式」を踏まえた行動を心がけていただきますようお願いいたします。

 

5月26日更新

市民の皆様には、4月7日の国の「緊急事態宣言」、並びに県の「緊急事態措置」の発出以降、感染拡大防止対策に多大なるご協力をいただき心より感謝申し上げます。
桶川市では5月25日の国の「緊急事態宣言」の解除、県の「緊急事態措置」の解除に伴い、今後、次の基本方針に基づいた対応を行ってまいります。

基本方針

公共施設の開館や市主催のイベントの開催などについては段階的に再開いたします。
なお、再開にあたっては国が示す「新しい生活様式」及び埼玉県が示す「彩の国新しい生活様式」を踏まえ、市民の皆様の健康的な暮らしを守るための様々な感染防止対策を引き続き講じてまいります。

市の対応

1.6月1日以降、市内公共施設における市主催の講座や事業については、感染防止対策を徹底したうえ段階的に再開いたします。また、公共施設の市民の皆様のご利用につきましても、順次再開いたします。(※施設ごとの利用再開時期につきましては、5月末までに別途お知らせいたします。)
2.指定管理者についても、1の対応を要請いたします。
3.市の通常業務においては、引き続き感染防止の観点から代替可能な業務については出来る限り直接面談による応接を避け、電話及び郵送等による対応といたします。
4.直接市民と接する場合は、引き続きマスクの着用、手洗い、咳エチケット等の感染防止対策を徹底いたします。
5.保育所・放課後児童クラブについては、6月以降は通常の取扱いといたします。
6.市内の小・中学校については、6月1日から段階的に再開いたします。
※ 市で行う事業・教育・保育等、並びに市民の皆様の公共施設の貸館等につきましては、基本的な感染防止対策の徹底を図りながら実施・運営いたしますが、今後市内の感染の拡大傾向が見られた場合や県からの要請があった場合等、事業等の規模を縮小や中止、あるいは休業し、施設の従事者や利用者等に感染者、濃厚接触者等が確認された場合は施設を閉じることがあります。

市民の皆様へのお願い

1.外出する場合や人と会う場合などは社会的距離を適切に取り、「密閉」、「密集」、「密接」の3つの密を避けるなど感染防止対策をお願いいたします。
2.手洗い、うがい、マスクの着用や咳エチケットの徹底をお願いいたします。
3.免疫力を高めるため、栄養バランスの良い食事、適度な運動、十分な睡眠を心がけていただくようお願いいたします。
4.イベントや集会等を開催する場合は、十分な感染防止対策をお願いいたします。
5.国の「緊急事態宣言」及び県の「緊急事態措置」の解除はされましたが、新型コロナウイルスが完全に消滅したものではなく、再度感染が拡大する可能性もありますので、「新しい生活様式」を踏まえた行動を心がけていただくようお願いいたします。

掲載履歴

この記事に関するお問い合わせ先

健康増進課
住所:桶川市鴨川1丁目4番1号
電話:048-786-1855
ファックス:048-786-0096

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2021年01月11日