ここから本文です。

『「道の駅」による地方創生拠点の形成』に関する企画提案の提出について

更新日 2014年11月28日(金) ページID:D002027

提出までの経緯

 平成26年8月28日、国土交通省より地方創生の拠点となる先駆的な道の駅の取組みをモデル箇所として選定し、総合的に支援する旨の報道が発表され、10月8日から企画提案の募集が開始されました。
 計画段階の「道の駅」も対象となることから、桶川市といたしましても各省庁から総合的な支援を受け、より魅力的な道の駅とするため、これまでの検討内容を企画提案書として取りまとめ、大宮国道事務所を経て関東地方整備局に提出しました。

企画提案内容について

 今回、国土交通省が募集する企画提案は、(1)地域外から活力を呼ぶ「ゲートウェイ型」(1.インバウンド観光、2.観光総合窓口、3.地方移住等促進)と(2)地域の元気を創る「地域センター型」(1.産業振興、2.地域福祉、3.防災)の「道の駅」です。(機能の重複も想定されています。)
 桶川市の道の駅は、これまでの検討結果から(1)「ゲートウェイ型」から1.インバウンド観光、2.観光総合窓口、(2)「地域センター型」から1.産業振興、3.防災の4つの機能を想定しています。このことから、企画提案書と概要書(12)を作成しました。

選定の流れについて

 この企画提案につきましては、各地方整備局の推薦を経て、有識者の意見をふまえた審査・選定が行われ、重点「道の駅」が決定されることになっています。選考のイメージにつきましては、下図をご覧ください。

選定プロセス
 詳しい日程は発表されていませんが、選考結果がでましたら、市H.P.にてお知らせいたします。

関連ファイル

Get ADOBE READER お持ちでない方は、アドビシステムズ社のホームページからAdobe Readerのインストーラをダウンロードし、インストールしてください。Adobe Readerは、無料で配布され、ユーザ登録をするだけで自由に使うことができます。

お問い合わせ先

道の駅・飛行学校跡地整備課 

電話:048-786-3211 ファクス:048-786-3740
メールフォーム

桶川市大字上日出谷936番地の1(仮設庁舎)

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

ページトップへ