ここから本文です。

第9回(仮称)「道の駅おけがわ」設置検討委員会のご報告

更新日 2015年12月18日(金) ページID:D001798

 平成25年8月からスタートした(仮称)道の駅おけがわ設置検討委員会(以下、設置検討委員会とする。)も9回を数えることになりました。より良い道の駅設置に向けて、平成26年度も取り組みを加速してまいります。

(議題等) 

今年度、初めての設置検討委員会ですので、スケジュールの確認や直近の事業の進め方を検討しました。 

1.平成26年度の事業スケジュールについて 

 平成26年度は、『桶川市「道の駅」基本計画』の策定と並行して、道の駅の運営を見据えた準備を進めていきます。
 その一環として、 (仮称)道の駅おけがわ管理運営等計画(以下、管理運営等計画とする。)の策定します。この計画を通じて、道の駅の採算性・運営主体・商品の出荷体制・維持管理費・地域との連携体制等の方針を明らかにします。
 併せて、「道の駅」のオープンに向けた組織作りのために、施設や機能に応じていくつかのワーキングチームのを立ち上げを予定しています。 

 2.(仮称)道の駅おけがわ管理運営等計画策定業務委託業者の選定方法について

  道の駅は、道路利用者の休憩場所という役割を担った公共施設です。一方で、農産物直売所や地域物産館などは、地域産業の振興の場という顔も持っています。特に後者については、事業を継続的かつ効果的に実施するために、地域の現状を良く分析し、目標に応じた仕組みや組織を作ることが重要になります。
 こうしたことを踏まえ、平成26年度は管理運営等計画をプロポーザル方式(提案内容と金額両面から評価する選定方式)により桶川市に合った委託業者を選定する予定です。※選定の過程や結果は、こちらをご覧ください。
 管理運営等計画の策定に向けた取り組みの中で、委託業者と共に以下の「3.ワーキングチーム」・「4.地域振興施設について」の内容を詰めていくことになります。なお、委託業者の選定にあたり、設置検討委員会のメンバーにもプレゼンテーション(提案内容を発表する場)に参加し、審査委員会(委託業者を選定する機関)に意見をいただくことになりました。

  3.ワーキングチームについて 

 設置検討委員会は、道の駅の設置、実施設計及び管理運営計画等に関する検討、意見を述べる組織として位置付けられています。ワーキングチームは、設置検討委員会の作業部門として、主に地域振興施設の運営管理について、より具体的な調査、検討及び提案を行う組織を想定しています。

 4.地域振興施設について 

 『(仮称)「道の駅おけがわ」平成25年度の成果・まとめ』に基づき、いくつかのレイアウト案を作成しました。今後、管理運営等計画やワーキングチームの活動内容などを踏まえ精度を高めていきます。

 

 

関連ファイル

Get ADOBE READER お持ちでない方は、アドビシステムズ社のホームページからAdobe Readerのインストーラをダウンロードし、インストールしてください。Adobe Readerは、無料で配布され、ユーザ登録をするだけで自由に使うことができます。

お問い合わせ先

道の駅・飛行学校跡地整備課 道の駅整備担当

電話:048-786-3211 ファクス:048-786-3740
メールフォーム

桶川市大字上日出谷936番地の1(仮設庁舎)

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

ページトップへ