ここから本文です。

桶川市首都圏中央連絡自動車道インターチェンジ周辺地域の乱開発抑止基本方針について

更新日 2016年12月28日(水) ページID:D000689

概要

桶川市首都圏中央連絡自動車道インターチェンジ周辺地域の乱開発抑止基本方針を策定しました。

内容

首都圏中央連絡自動車道(以下、圏央道という。)は平成27年10月31日の桶川北本IC~白岡菖蒲IC間の開通をもって埼玉県区間は全線開通となりました。
インターチェンジ周辺の地域は、いわゆる乱開発(資材置場・産業廃棄物等置場など)という好ましくない土地利用の出現が懸念されることから、埼玉県と沿線の16市町が「圏央道インターチェンジ周辺地区の乱開発抑止に向けた共同宣言」を行い、連携して乱開発抑止に向けた取組を行い、圏央道沿線の緑豊かで美しい環境を地域の財産として次世代に引き継ぐことを表明しました。
本市の取り組むべき総合的な乱開発抑止対策の指針として、「桶川市首都圏中央連絡自動車道インターチェンジ周辺地域の乱開発抑止基本方針」を策定しました。

ダウンロード

(補足)地図2の北部土地改良区域の詳細については、川田谷北部土地改良事務所にお問い合わせください。

お問い合わせ先

都市計画課 都市計画担当

電話:048-786-3211 ファクス:048-786-5043
メールフォーム

桶川市大字上日出谷936番地の1

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

ページトップへ