ここから本文です。

個人情報保護条例の改正について

更新日 2014年3月31日(月) ページID:D000265

概要

個人情報保護条例が一部改正され、罰則規定などが盛り込まれました。

内容

桶川市個人情報保護条例を改正しました。

市職員などを対象とした罰則規定を追加

個人情報保護制度の一層の充実・強化を図るため、市職員などが個人情報の不適切な取扱いをした場合に罰則規定を設けるなどを内容とした、個人情報保護条例の改正を行いました。(施行日 平成18年4月1日) 市政の運営にあたり、個人情報については今後も市民の皆様からの信頼を得るため細心の注意を払いながら適正な取扱いに努めてまいります。

罰則規定の概要
罰則の対象者 対象情報 行為 罰則
  • 市(実施機関)の職員(であった者)
  • 受託業務の従事者(であった者)
  • 指定管理者の行う業務の従事者(従事していた者)
個人の秘密事項が記録された個人情報ファイル(保有個人情報を電子計算機により検索できるよう体系的に構成されたもの) 正当な理由なく提供した 2年以下の懲役または100万円以下の罰金
  • 市(実施機関)の職員(であった者)
  • 受託業務の従事者(であった者)
  • 指定管理者の行う業務の従事者(従事していた者)
業務に関して知り得た保有個人情報 不正な利益を図る目的で提供又は盗用した 1年以下の懲役または50万円以下の罰金
市(実施機関)の職員 個人の秘密に属する事項が記録された文書、図画または電磁的記録 職権を濫用して専らその職務の用以外の用に供する目的で収集 1年以下の懲役または50万円以下の罰金
保有個人情報の開示を受けた者 開示決定に基づく保有個人情報 偽りその他不正手段により、保有個人情報の開示を受ける 5万円以下の過料

詳しくは、情報推進課 情報公開・文書グループまで。

お問い合わせ先

総務課 情報公開・文書担当

電話:048-786-3211 ファクス:048-786-9866
メールフォーム

桶川市大字上日出谷936番地の1

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

ページトップへ