ここから本文です。

桶川市のプロフィール

更新日 2016年4月20日(水) ページID:D000065

内容

その昔、江戸から10里、近隣からの農産物の集散地という地の利を得て、人々が自然に集まってくるため、中山道の宿場町として栄えました。
時代は移り、戦後の昭和30年に桶川町・加納村・川田谷村の合併が行われ桶川町として、ほぼ現在の姿が完成しました。
現在でも、中山道沿いには宿場町当時のおもかげを残すところがそこここに見うけられます。宿場町として発展の基礎がすえられた桶川の街ですが、明治以降は、麦、さつまいも、べに花などの集散地として栄え、堂々たる蔵造りの店が現在も残り、当時の繁栄を今に伝えています。
そんなおもかげを残しながらも、新しい人々が移り住み豊かな暮らしが息づいています。
桶川市は、“みんなで つくり 育む 活気あふれる交通拠点都市 おけがわ”を目標としたまちづくりの実現に向けた、着実な歩みを踏み出しております。

桶川市のデータ

市役所の位置

東経139度33分30秒
北緯36度00分10秒

面積

25.35平方キロメートル

市の木

ケヤキ

市の花

ツツジ

市民の木

ナラ・イチョウ・泰山木・モクセイ・柿

市民の花

紅花・芝桜・アジサイ・ヒマワリ・サザンカ

地図情報

お問い合わせ先

秘書広報課 広報・広聴担当

電話:048-786-3211 ファクス:048-786-9866
メールフォーム

桶川市大字上日出谷936番地の1(仮設庁舎)

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

ページトップへ