ここから本文です。

選挙権年齢が「満18歳以上」に引き下げられます

更新日 2016年1月4日(月) ページID:D002380

選挙権年齢が「満18歳以上」に引き下げられます

公職選挙法の一部改正に伴い、選挙権年齢がこれまでの満20歳以上から満18歳以上に引き下げられます。

この改正公職選挙法は、平成27年6月19日に公布され、1年後の平成28年6月19日以降に告示される国政選挙(衆議院議員総選挙・参議院議員通常選挙)から適用となります。このため、平成28年夏に予定されている参議院議員通常選挙から適用される見込みです。

今後、18歳以上満20歳未満の方が、新たに選挙に参加できることになります。政治や選挙に関心を持ち、大切な一票を投票してください。

詳しくは、以下のリンクから総務省ホームページをご覧ください。

選挙権年齢の引き下げについて(総務省ホームページ) 
 

私たちの声を、私たちの将来に(総務省特設ウェブサイト)

選挙権年齢が18歳に引き下げられることに併せて、総務省が特設ウェブサイトを開設しています。

「わたしたちの声を、わたしたちの将来に。」は、架空の市長選挙に投票できる模擬投票や、選挙ポスターを作成できるコンテンツのほか、全国で行われるシンポジウムやワークショップの情報など、選挙を身近にわかりやすく学べるウェブサイトとなっています。

詳しくは以下のリンクから総務省特設ホームページをご覧ください。
画像

わたしたちの声を、わたしたちの将来に。(総務省特設ウェブサイト)

お問い合わせ先

選挙管理委員会事務局 

電話:048-786-3211 ファクス:048-787-5409
メールフォーム

桶川市大字上日出谷936番地の1(仮設庁舎)

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

ページトップへ