ここから本文です。

歴史民俗資料館について

更新日 2015年11月4日(水) ページID:D000863

概要
歴史民俗資料館の様子
館内の様子

 桶川市歴史民俗資料館は、桶川の歴史と文化を今に伝える文化財の収集・保管及び調査研究、さらには公開普及活動を実施する地域文化財保護拠点施設です。

事業内容

 歴民俗資料館では、文化財の収集保管、文化財の調査研究、文化財の活用(展示・講座・学校教育との連携)、地域文化の保存伝承活動を通して、祖先のくらしと文化やその知恵を学ぶことができます。

展示コーナー

 展示室では、縄文時代の漆工芸品を含む後谷遺跡の出土品(国指定重要文化財)、埼玉県を代表する前期古墳である熊野神社古墳出土品(国指定重要文化財―複製)、近世の桶川宿を特徴づけるものとして「桶川臙脂」として知られた紅花の資料、宿場の人々の生活舞台である桶川宿の模型をご覧いただけます。

施設案内

開館時間:午前9時~午後4時30分
入館料:無料
休館日:毎週月曜日・年末年始・祝日
場所:桶川市川田谷4405-4    桶川市歴史民俗資料館は、川田谷公民館・図書館川田谷分室とともに、「桶川市川田谷生涯学習センター」の中にあります。
 

地図情報

お問い合わせ先

歴史民俗資料館 

電話:048-786-4030 ファクス:048-786-4031
メールフォーム

桶川市川田谷4405-4

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

「生涯学習」の分類

ページトップへ