[0]桶川市(ホーム)
旧熊谷陸軍飛行学校桶川分教場跡地整備管理基金への寄附のお願い

更新日:2017年2月10日
ページID:002662

基金条例の制定について

市は、分教場の跡地を整備管理するための基金を創設するため、平成26年7月にパブリックコメントを実施し、平成26年9月議会に桶川市旧熊谷陸軍飛行学校桶川分教場跡地整備管理基金条例(案)を提出し、可決されました。(詳しくは、パブリックコメントの募集結果をご覧ください。)

現在、桶川市では整備管理基金への寄附のご協力をお願いしております。
皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

寄附の方法について

1.初めに、寄付申出書をご提出いただきます。
寄附申出書(PDFWord) 記入例
寄附金額、氏名公表の可否等についてご記入ください。
郵送、ファクシミリ、メール又は持参等により、道の駅・飛行学校跡地整備課までご提出ください。

2.納付書をお送りしますので、指定金融機関窓口で寄附金を納付してください。(手数料不要)
寄附申出書にご記入いただいた金額の納付書をお送りします。
指定金融機関は、下記の各金融機関となります。
埼玉りそな銀行 埼玉縣信用金庫 三井住友銀行 東和銀行 足利銀行
みずほ銀行 さいたま農業協同組合 大光銀行 武蔵野銀行
青木信用金庫 川口信用金庫 三菱東京UFJ銀行 三井住友信託銀行
中央労働金庫 りそな銀行 ゆうちょ銀行

寄附金税額控除について

この基金への寄附金は、地方公共団体への寄附金(特定寄附金)となり、寄附金税額控除の対象となります。(ふるさと納税制度が適用されます。)
寄附をした金額のうち2,000円を超える分について、所得等に応じた限度額まで所得税及び住民税の控除の対象となります。
(例:年収700万円の給与所得者(扶養家族なし)が3万円を寄附すると、28,000円が税額から控除されます。)
控除を受けるためには、翌年確定申告をする必要があります。
申告手続きの際は、寄附金の受領を確認後、市からお送りする受領書を添付してください。
(法人の場合は、特定寄附金として、損金算入の対象となります。)

※ふるさと納税による税額控除については、下記ホームページもご参照ください。(総務省ホームページ)http://www.soumu.go.jp/main_content/000254924.pdf(新しいウィンドウで開きます)
平成27年4月1日以降の寄附については、一定の条件のもと確定申告の代わりに寄附金税額免除に係る申告特例申請書を寄附先の自治体へ提出することができるようになりました。(ふるさと納税ワンストップ特例制度)

記念品の贈呈について

一定額以上の寄附をされた方を対象に、感謝の気持ちとして記念品をお贈りしています。
記念品は、どなたでも、何回でも、寄附のたびにお送りしています。

記念品について、詳しくはふるさと納税記念品パンフレットをご覧ください。

寄附の状況について

これまでに寄附をいただいた方について、詳しくは寄附の状況(寄附の件数、金額及び氏名等)をご覧ください。


お問い合わせ先
道の駅・飛行学校跡地整備課 飛行学校整備担当
電話 048-786-3211
Eメール michi-hikou@city.okegawa.lg.jp

ホーム > 市政情報 > 市の紹介・概要 > 旧熊谷陸軍飛行学校桶川分教場跡地整備管理基金への寄附のお願い


[2]このページの先頭へ戻る ▲
[0]桶川市(ホーム)
Copyright (C) 2013 City Okegawa All Rights Reserved.