ここから本文です。

生活騒音について

更新日 2017年11月16日(木) ページID:D003022

生活騒音の防止にご配慮ください

生活騒音は、音のうち、人が日常生活を営む上で発生するものを指し、全くないということはありえません。
しかしながら、生活の中で発生する音でも、ときによっては近隣の方の迷惑になってしまうことがあります。

生活騒音を規制する法令はありません。良好な住環境を維持するためにも、お互いの配慮が必要です。
 

次のような音が、ときに問題となっています

生活騒音となりうるもの

1.給湯器などの住宅設備
2.ペットの鳴き声など
3.アパート、マンションなどの共同住宅内の音漏れなど

生活騒音を減らす工夫

1.給湯器などは、設置場所を工夫したり、消音ボックスを設置すると音が小さくなります
2.ペットの習性を知り、しつけを行いましょう
3.深夜、早朝などは特に注意しましょう
 

音に対する気配りを

・上記に挙げたもの以外にも、生活の中で発生する音は、生活騒音となりえます。
・住環境の変化、生活の多様化などにより、生活騒音に関係する相談が増えています。
・日ごろから近隣とコミュニケーションを取ることで、お互いに困りごとについて話しやすい
 関係をもつことができます。
 誰の出している音なのか、何の音なのかが分かるだけでも、心理的な負担は軽くなります。
 

環境省作成パンフレット 

その音だいじょうぶ?(PDF形式:408KB)

 

お問い合わせ先

環境課 

電話:048-786-3211 ファクス:048-786-3740
メールフォーム

桶川市大字上日出谷936番地の1(仮設庁舎)

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

ページトップへ