ここから本文です。

ペットの飼育について

更新日 2016年6月23日(木) ページID:D000346

概要

ペットを飼うときのルールやペットに関する各種ご相談案内です。

対象

犬猫などのペットを飼われている方、または、これから飼われようとしている方。

内容

最近、市民の方から犬や猫について、多くの苦情が寄せられています。これらの主な内容は、飼い主のマナーの問題であり、注意すれば解決できる問題です。人と犬・猫とが同じ社会で暮らすためには、飼い主のモラルと犬・猫へのしつけが大切です。動物の習性・生態などを理解し、最後まで愛情と責任をもって飼いましょう。

犬を飼う場合

犬の糞の後始末を
公園、道路など公共の場所や他人の土地、建物を糞などで汚すことは禁止されています。運動中の糞の始末は飼い主の責任です。シャベルや袋を持って糞を必ず持ち帰りましょう。

犬の放し飼い禁止
犬は綱や鎖でつなぐか、柵やおりなどの囲いの中で飼わなければいけません。散歩の時は、犬を制御できる人がリードをつけて行ってください。また、運動(散歩)は健康管理のため毎日させましょう。

猫を飼う場合

室内で飼いましょう
猫は現在の住宅環境の中では、飼い主の目の届かないところで糞・尿・鳴き声などで近隣住民に迷惑をかけていることが多くあります。このことが猫嫌いの人をつくる原因にもなりますので室内で飼いましょう。

首輪をつけましょう
野良猫などとの区別のため、できるだけ首輪など目印になるものをつけて飼いましょう。

動物の問題行動に関する相談について

動物の飼い方や問題行動などについての相談は
【相談窓口】
埼玉県動物指導センター 電話番号 048-536-2465
埼玉県動物指導センター(南支所) 電話番号 048-855-0484

お問い合わせ先

環境課 

電話:048-786-3211 ファクス:048-786-3740
メールフォーム

桶川市大字上日出谷936番地の1(仮設庁舎)

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

ページトップへ