ここから本文です。

「GPS」による古紙持ち去り行為追跡調査について

更新日 2014年1月14日(火) ページID:D001648

概要

古紙持ち去り行為の撲滅のため、「GPS」による追跡調査を実施しています。

内容

古紙(新聞紙、雑誌)などの資源物は、リサイクルのための資源であり、市の貴重な財源です。
市は条例で、所定の場所に排出された資源物の所有権は市に帰属するものとして、第三者による持ち去り行為を禁止していますが、目撃情報を含めその被害は後を絶ちません。
市では、パトロールを実施し、持ち去り行為の防止を図っていますが、あわせて「GPS」による追跡調査を実施しています。
追跡調査は、所定の場所に出された古紙の束に「GPS」を設置し、第三者による持ち去り行為があった場合には、持ち去り車両及び搬入ルートから受入事業者を特定し、指導を行うものです。
このことにより、悪質な持ち去り行為の根本的解決を図り、撲滅を目指します。

持ち去り行為を発見した場合

 持ち去り行為を発見した場合、リサイクル推進課まで下記の内容について情報提供をお願いします。

  • 持ち去り行為のあった日時、場所
  • 持ち去り車両のナンバー、車種

お問い合わせ先

リサイクル推進課 

電話:048-728-1902 ファクス:048-728-7080
メールフォーム

桶川市小針領家1160

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

ページトップへ