ここから本文です。

スプレー缶、カセットボンベ、使い捨てライターの出し方

更新日 2014年4月1日(火) ページID:D001138

概要

ガスの残っているスプレー缶やカセットボンベ等をごみ集積所に出されますと、ごみ収集車両やごみ焼却施設の火災の原因となり、大変危険なため、次のとおり安全な出し方をお願いします。

内容

スプレー缶などは次のような手順で出してください。

  1. 缶を振るなどして中身の有無を確認してください。(必ず使い切ってください) 
  2. 中身が残っていたら、火気のない風通しの良い屋外でスプレーボタンを押して完全に出し切ってください。
  3. スプレー缶、カセットボンベは「金属・ガラス・乾電池」の日、使い捨てライターは「その他ごみ」の日にごみ袋に入れて出してください。

参考

ガス抜きの方法や中身を使い切れない場合は、販売元に問い合わせていただくか

のホームページをご覧ください。

お問い合わせ先

リサイクル推進課 

電話:048-728-1902 ファクス:048-728-7080
メールフォーム

桶川市小針領家1160

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

ページトップへ