ここから本文です。

ごみ集積所に排出された資源物の持ち去り禁止について

更新日 2013年1月30日(水) ページID:D000402

概要

市では、「桶川市廃棄物の処理及び清掃に関する条例」を一部改正(平成16年7月)し、資源物の持ち去り防止に努めています。

内容

「桶川市廃棄物の処理及び清掃に関する条例」の内容

(市民の責務)

第4条 市民は、廃棄物の排出を抑制し、再製品の使用等により廃棄物の再生利用を図り、廃棄物を分別して排出し、廃棄物の減量その他その適正な処理に関し市の施策に協力しなければならない。

(資源物の所有権)

第4条の2 前条の規定により所定の場所に排出された資源物(市が行う廃棄物の収集において、再生利用することを目的として分別して収集する物をいう。)の所有権は、市に帰属するものとみなす。この場合において、市が指定する事業者以外の者は、当該資源物を収集し、又は運搬してはならない。
(平成16条例17・追加)

持ち去り防止パトロール

市では、資源物の持ち去り防止のため、定期的にパトロールを実施しています。

もしも、収集車以外の車で集積所から資源物を車に積み込んでいる光景を見かけた場合は、車のナンバーと車種、色などをリサイクル推進課へご連絡いただけるよう、ご協力をお願いします。

お問い合わせ先

リサイクル推進課 

電話:048-728-1902 ファクス:048-728-7080
メールフォーム

桶川市小針領家1160

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

ページトップへ