ここから本文です。

知恵を生かして節電と節水

更新日 2013年11月1日(金) ページID:D001559

今夏の猛暑は、窓辺にみどりのカーテンで直射日光を遮り、また、すだれを下げるなど、色々工夫して過ごしたことでしょう。この冬の節電と寒さを乗り切る対策として、次のようなことを実施してみてはいかがでしょうか。

節電

  • 冷蔵庫は、整理を心掛け、内側に寸法を合わせたビニールでカーテンを作り、テープで止めましょう。こうすることで冷気が逃げにくくなります。設定温度は冬も夏も中にしましょう。
  • 冷凍庫は、熱伝導のよいアルミホイルを敷くことで、スピードで冷凍し美味しさをキープできます。ドアの開閉時、庫内の温度が上がりにくくする効果もあります。
  • 3合ご飯を炊くのと、7時間保温した場合との消費電力量は、ほぼ同じというデータがあります。残りご飯は温めて食べましょう。

節水

  • 食器洗いは、浸して置き、大皿から順に小皿へと洗剤で洗い重ねて置き、上から水洗いしてすすぎます。蛇口の水はチョロチョロでも下に水が流れていくので少ない水量でもすすげます。油汚れは、古紙、古布で拭き取ってから洗いましょう。
  • 茶がらを両手につけ洗うと生臭さ、にんにく臭が消えて節水になります。

冬は日が落ちて部屋が冷えないよう早めに雨戸やカーテンを閉めたり、まめに布団を干すなど、有効に太陽熱を利用しましょう。

【参考文献】

「暮らしの裏ワザ便利帳Best500」

編者 主婦の友社

発行者 荻野善之

発行所 株式会社主婦の友

 

桶川市くらしの会

お問い合わせ先

自治文化課 

電話:048-786-3211 ファクス:048-786-9866
メールフォーム

桶川市大字上日出谷936番地の1(仮設庁舎)

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

ページトップへ