ここから本文です。

児童扶養手当

更新日 2017年4月1日(土) ページID:D000616

概要

児童扶養手当は、父母の離婚や死亡などによって父または母と生計を同じくしていない子どもや、父または母に一定の障害のある子どもを扶養されている方に支給されます。

対象

父母の離婚や死亡などによって父または母と生計を一にしていない子どもなどを育てている父、母、または養育者

内容

児童扶養手当は、父母の離婚や死亡などによって父または母と生計を同じくしていない子どもや、父または母に一定の障害のある子どもを養育されている方に支給されます。
ただし、所得額が一定額以上の場合は、手当が一部支給または全額停止となります。

対象児童

18歳になった年の年度末までです。一定の障害(「子どもの障害の基準」のいずれかに該当)のある子どもは20歳になるまでです。

手当を受けられる方とは

この手当は、次のいずれかに該当する子どもを育てている父、母または養育者に支給されます。

  • 父母が婚姻を解消した子ども
  • 父または母が死亡した子ども
  • 父または母に一定の障害(「父又は母の障害の基準」のいずれかに該当)がある子ども
  • 父または母の生死が明らかでない子ども
  • 父または母に1年以上遺棄されている子ども
  • 父または母が法令により1年以上拘禁されている子ども
  • 母が婚姻によらないで懐胎した子ども
  • 父または母が裁判所からのDV保護命令を受けた子ども

(補足)婚姻には、婚姻届を提出していないが事実上婚姻関係と同様の事情にある場合(内縁関係など)を含みます。

手当を受けられない方とは

この手当は、次のような場合には受けられません。

  • 申請する方や子どもが日本国内に住所を有しないとき。
  • 子どもが児童福祉施設等(母子生活支援施設などを除く)に入所しているとき。

手当の金額

【お知らせ】平成29年4月分から額が変更になりました。
申請した翌月分からが対象となり、年に3回、4月(12月~3月分)、8月(4月~7月分)、12月(8月~11月分)に4か月分ずつ支払われます。

手当の金額
子どもの人数 月額(全部支給) 月額(一部支給)
1人の場合  42,290円  42,280円~9,980円
2人の場合  52,280円

(42,280円~9,980円)
        +(9,980円~5,000円)

3人以上の場合  2人の場合の月額に、
 1人につき5,990円を加算  
 2人の場合の月額に、
 1人につき(5,980円~3,000円)を加算 

(補足)
毎年8月に現況届の提出が必要です。

所得制限額

資格のある方は、所得にかかわらず申請できます。ただし、申請する方やその配偶者、および同居等生計を同じくしている扶養義務者(申請者の直系血族、兄弟姉妹)の所得により、手当の支給に制限があります。

公的年金を受給している場合

公的年金(※)を受給している方は、公的年金の額が児童扶養手当額よりも低い場合、その差額分の児童扶養手当を受けることができます。
児童扶養手当の申請の際は、公的年金を受給していることがわかる書類の提出が必要となります。
※ 公的年金とは、遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償などをいいます。

申請に必要なもの

  • 戸籍謄本(申請者及び児童のもので、発行から1か月以内のもの)
    (補足)離婚または死亡の事由による場合は、離婚・死亡の記載のあるもの
  • 申請者名義の預金通帳
  • 印鑑
  • 年金手帳
  • 個人番号カードまたは通知カード (平成28年1月から)
  • その他

申請を希望される方は、制度の説明を含めてご案内させていただくので、窓口までお越しください。

お問い合わせ先

こども支援課 手当・医療担当

電話:048-786-3211 ファクス:048-786-5882
メールフォーム

桶川市大字上日出谷936番地の1(仮設庁舎)

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

「助成・手当・育児相談」の分類

ページトップへ