ここから本文です。

『緑地協定』について

更新日 2015年12月4日(金) ページID:D000335

概要

『都市緑地法』に基づき住民自らが土地所有者と結ぶ緑地に関する協定です。

内容

緑地協定は、都市緑地法に基づき、市街地の良好な環境を確保するために市長の認可を受けて住民自らが締結することができるものです。協定の締結は、豊かな生活の実現や、その地域の資産を高めることにもつながります。
協定は、概ね1街区程度の土地所有者などら全員の合意により、保全または植栽する樹木類の種類(落葉樹か常緑樹かなど)や、場所、管理に関する事項、 5年~30年の有効期間などを定めるものです。また、新たに土地の所有者などになった人にも効力を有することになります。現在、以下の2地区が協定を締結しています。

  • 桶川武蔵野台文化村地区緑地協定 9,851.58平方メートル
  • 兼六パークタウン地区緑地協定 6,171平方メートル

お問い合わせ先

環境課 

電話:048-786-3211 ファクス:048-786-3740
メールフォーム

桶川市大字上日出谷936番地の1(仮設庁舎)

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

ページトップへ